独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

医者(ドクター)の節税方法は不動産&以外のアイテムも活用可能

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

医者(ドクター)って確かに給与は高いけれど、税金もクッソ高いので、何とか節税する方法ありませんか?

最近、医者(ドクター)の方と会うことも多くなってきまして、上記のような質問を毎回されるイメージがあります(笑)

勤務医でも医療法人経営者にしても、確かに皆さん給与が高い!( ゚Д゚)もちろん勤務する病院や勤務の仕方でも違うのでしょうが、現在僕自身がお会いする医者(ドクター)の方々の年間給与は1,000万円~4,000万円と、平均年収とされる約420万円から見ると、約2.5倍~10倍弱の金額になります・・・そりゃあ、税金の額も大きいだろうなぁと思います( ;∀;)

医者(ドクター)の節税の難しさは、勤務医の方なら【個人】であるということ、医療法人経営者の場合は医療法人はルールが株式会社よりも厳しく法人保険による節税はアリにせよ、結局【個人】の報酬を高くせざるを得ないという部分で、詰まるところ、【個人で可能な節税方法が限られている】というところから来ているように思います( ゚Д゚)

ってことで、今回は、医者(ドクター)の節税というテーマで書いていきたいと思います( ..)φメモメモ

給与が高いと累進課税で税金も高い:勤務医・医療法人経営者、共に給与が高い傾向

参考:国税庁HP 所得税の税率より

上記を見てもらえると所得税は「課税される所得」に応じて税率が5%~45%と変化します。ここに住民税が約10%課税されることを考えると、ザックリとした表現ですが、15%~55%が課税されます( ..)φメモメモ

ガッツリと稼ぐ方からはガッツリと税金をかけるわけですから、医者(ドクター)の方でいくと、税率分布的には、約40%~50%辺りの方が多いように思います。た、高い・・・( ゚Д゚)

節税アイテムその1:不動産所得を得て領収書計上

公務員でも節税出来るって本当?!不動産投資で節税出来るってなんで?

上記の記事でも書きましたが、収益性不動産を所有すると、減価償却が取れることは勿論、不動産経営にまつわる経費を計上出来るのは非常に大きいです。ザックリとした表現で行くと、【領収書の計上】が出来るようになるわけです( ..)φメモメモ

勿論、限度もありますしルールもありますが、それでも、今まで計上出来なかった経費計上が合法的に認められるようになるのは大きなポイントです。

同時に、資産も作れるわけですから、一石二鳥です。僕の友人ドクターは、年収3,000万超えで、3億以上の不動産を所有しています。30代前半で( ゚Д゚)(笑)経済的な意味で言うと、勝ちが確定している状態です。ちなみに、まだ2億分くらいは買い増しする意向のようですが(笑)

不動産投資は、【個人】属性で可能な節税方法の王道です。(もちろん、どんな不動産でもOKではありませんので、勉強は必須です。)

節税アイテムその2:コンテナ事業でスピード償却

あまり知られていない方法ですが、コンテナ事業で個人が節税のための償却を取る方法もあります。一般的に良く聞くコンテナ投資は、「収益目的」が多いのですが、僕が言っているのは【節税目的】のコンテナ投資です。

で、あまり知られていない理由というか、僕自身もあまり派手に宣伝しない理由の1つが、「有限(数に限りがある)」だからという部分が強いです( ゚Д゚)

ということで、ここで詳細を書きたい衝動を押さえつつ、気になる方は個人的にお問合せ頂ければと思います( ..)φあ、変な宣伝みたいになっていますが、単純に、数が限られているために積極的に宣伝することが難しいためなので、すいません( ;∀;)

ちなみに、このコンテナ事業投資も、【個人】属性で節税可能です。(勿論、法人も可能)

節税アイテムその3:流行りの仮想通貨マイニングでスピード償却

現在、仮想通貨に対しては賛否両論あると思いますが、今回はその賛成反対の意見は一旦置いておきます(笑)また、仮想通貨のマイニングという手法自体もまた機会があれば別の記事にしますので、今回は節税アイテムとしての話に集中して書いていきます( ..)φメモメモ

仮想通貨のマイニング自体、現在、大手企業も参戦を発表しています。SBI・GMO・bitFlyer・DMM、そして熊本電力もマイニング事業に参戦しています。

で、収益目的で仮想通貨マイニングもアリなのですが、そもそも、マイニングをする機材自体が高性能なPC(パソコン)なわけですよ。で、PCの法定耐用年数は4年と決まっています。つまり4年で減価償却が100%取れるわけで、これはかなりスピードがある節税手段にもなります。(「法定耐用年数」や「減価償却」に関しては以下の記事を見てみてください。)

節税をしたい!そもそも減価償却って何?

定率で償却を取るなら、初年度は50%も償却が取れますし、定額で償却を取るにしても毎年25%ずつ償却を取れてしまいます( ゚Д゚)

また、この記事を書いている2018年現在、行政のルールに乗っ取ってマイニング機材(高性能PC)に投資をした場合、「即時償却(100%)」を取ることも可能となっているため、プランニング次第ではかなりの破壊力があるアイテムとなります。

ちなみに、マイニング投資自体も、【個人】属性でも節税可能です。(勿論、法人も可能)

これも詳細説明が記事だけだと何とも難しいために、気になる方は個人的にお問合せ頂ければと思います( ..)φメモメモ(これは正直に、宣伝です(笑)すいませんm(__)m)(マイニングプラントを運営する会社をご紹介可能です。)

医療法人の場合はもちろん法人保険を活用した節税は必須

「保険による節税」は法人ならではの手法です。株式会社のように、医療法人の場合でも法人保険による節税は可能ですので、絶対活用した方が良いわけです。

ちなみに、下記記事で書いたように、法人保険の場合は、MDRT以上(理想はCOT以上)の担当者をオススメしたいところです。

MDRT?COT?TOTとは?年収1000万から6,000万以上保険プランナーの称号について

ただ、【個人】属性では保険による節税は、ルール上(税法上)出来ないわけですよね( ゚Д゚)

また、医療法人をお持ちの方の場合も、後継者問題で、医療法人ではなく【自分個人】に資産を集中させたいという意向をお持ちの医者(ドクター)の方も多いわけで、そうなると、今まで書いてきたような【個人属性で可能な節税方法】は有効と言えます。

また、資産管理法人を作ってしまうというやり方もあります。この辺りは会計事務所と連携してプランニングする形になりますが。

まとめ

医者(ドクター)って確かに給与は高いけれど、税金もクッソ高いので、何とか節税する方法ありませんか?

答えは、探せばあります!!!というもの。

●不動産投資は王道(勉強は必須です)
➡減価償却を取りながら「領収書計上」も可能&資産も形成できる

●個人でも節税可能なアイテムも活用
➡記事中に軽く触れたように、【個人属性】でも可能な節税アイテムは有効

※詳細は、個人的にお問合せ頂ければと思います( ..)φメモメモ

機会があれば、もっと踏み込んだ記事も書いていきたいと思いますが、今回はここまで~

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.