独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事の将来性:情報の選択&紹介の力の大きさ

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)としての仕事を選ぶにあたり、将来性も仕事選び(副業であったとしても)の大事なポイントになってくるかと思います(/・ω・)/

で、僕自身は、

将来性もある=継続する意味がある

と思ってるので、独立系FPとして仕事をしています。

今回は、FPの仕事の将来性というテーマで、僕なりに思うことを書いていきます( ..)φメモメモ

お金に関する話は常につきまとう

他の記事でも何度も書いてきたことですが、FPは「お金にまつわるエトセトラ」に関してアドバイスをしたりすることが仕事となります。そして、お金に関する問題は、持っている量が少ないという悩みもあれば、持っている量が多いが故の悩み(節税や相続など)もあるわけで、ほぼ全ての人に常につきまとう話題なわけです( ..)φメモメモ

となれば、お金にまつわるエトセトラに関してアドバイスをするという仕事自体、今後も強いニーズが続くと個人的には思っています。また知識が付けばつくほど、より効率の良い情報を求めるようになる傾向も強く、生涯勉強だなぁ~と僕自身も思っています。

情報の取捨選択も大事:FPは大事な役割を担える

クライアントさんと話をしていて思うことが、クライアントさん自身は本業が忙しいために、お金に関する情報を得たり、調べたり、また、取捨選択をしている時間が無い方も多いなぁということ。

例えば、ドクターの方なんかは所得はやはり平均よりもかな~り高く、お金は持っています。が、そのお金を効率よく増やしたり守ったりするための情報を積極的に得ている方は少ないように思います。それもそのはず、本業として大事な命を預かる仕事をしているわけですから、当然と言えば当然の現象です。

ということは、優秀なFPがそばに居れば最強のタッグが組めるとも言えます。クライアントさん自身は本業で稼ぎ、FPがそれに対して適切なアドバイスをすることが出来れば、win-winの関係が築けます。

情報格差 情報が少ない=損をする機会が増える

インターネット、スマートフォンが普及して誰でもどこでも情報にアクセスすることが簡単になったわけですが、それでも情報の真偽を確かめたり、自分に合う情報かどうかを取捨選択したりする必要はあります。

また、そもそも忙しさのあまり、大事なお金に関する情報を得る機会が少ないケースも多々あります。
お金に関して思うことは、知っていれば得をしやすく、知らないと損をしやすいわけです。特に税金関係なんかは露骨にそういう仕組みです。

どんなに情報があふれかえって、どんなに情報にアクセスしやすい環境があろうと、個人個人にあった情報を調べ取捨選択をするという作業は必要ですし、情報自体を得る努力は必要です。

クライアントさんに必要な情報を提供するという意味で、FPは大事な役割を担えますし、ますます溢れかえる情報の取捨選択という作業は今後も大事な仕事になり得ると感じます。

紹介の力の大きさ:紹介営業をベースにすると仕事は増えていく

現在、大変ありがたいことに、僕自身はクライアントさんからの紹介で仕事が増えていっています。

最初は勿論、自分から積極的に声を掛け仕事を取ってくることを繰り返しました。ただ、途中から、クライアントさんからの紹介だけで仕事が回るようになってきました( ..)φメモメモ

これは、FP業で継続して収益を上げていく上で、大事な大事なポイントです!

「紹介」という形でクライアントさんにお会いさせて頂く場合、「最初からニーズが強い」クライアントさんであることが分かっている状態なわけで、しっかりと正確な情報をお伝えしさえすれば仕事は成立します。要は収益となります。

FP業をやろうとする際に、

お客さんって自分のまわりには居ないなぁ・・・

と悲観的なイメージを持つ方も多いですが、

紹介営業なら継続性もあるから大丈夫!!

と言いたいです。

自分の身近な友人・知人のマーケットのみで仕事をするわけではありません。そこから派生する紹介クライアントさんで仕事がどんどんと大きくなるイメージです。

勿論、紹介してもらえるFPになるために知識を得る努力は当然必要ですし、また、「紹介営業」というスキルを少しずつでも身に付けていく努力は必要です。が、仕事で稼ぐには努力が必要であることはどんな分野でも同じですよね(笑)

FPの場合は、紹介営業が大事なポイントであると僕自身は思っていますし、紹介が生まれる流れさえ作れば、将来性・継続性の大きい仕事だと言えます。

まとめ

ファイナンシャルプランナー(FP)という仕事の将来性はかなり大きいと僕自身は感じています。

そもそも、お金にまつわるアドバイスをする仕事ですし、また、クライアントさんそれぞれに合った情報を扱い、情報の取捨選択をするという意味でもニーズは強い仕事かと思います。

そこに、紹介営業というポイントさえ押さえることが出来れば、継続的に稼げる仕組みになり得るわけです( ..)φメモメモ

ということで、やり方などはまた別の記事に書くとして、今回はここまで~!

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.