独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

ファイナンシャルプランナー(FP)は知識業・教育業!蓄積型の仕事の仕方

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)として稼ぐためには、知識&やり方が大事です。やり方に関してはまた別の記事で書くとして、今回は「知識」という部分をテーマに書いていきたいと思います( ..)φメモメモ

FPは「お金にまつわるエトセトラ」をアドバイスする仕事ですから、当然に「知識の量」は必須ですし、ここが大きな武器となります。つまるところ、FPは知識業ですし、広い意味で教育業だと僕は捉えています。

で、知識業ということは、知識を【蓄積】しながら仕事ができるわけです。コツコツと積み上げる仕事なわけですから、努力をして一定の時間と労力をかけられるならば、「誰にでも稼げる仕事」と言えるかと思います(/・ω・)/

時給形式は単発型の仕事

例えば、時給という形式で働いている場合は、何時間働いたか?で自分の収益が決まります。で、働いた時間を1回お金に換えると、実績は0にリセットされて、また何時間働いたかで次の収益が決まります。(良いか悪いかの話をしているわけではなくて、仕組み上の話をしています。)

要は、自分の実績は「働いた時間」であり、その実績がお金に換金されると0に戻る、「単発型」と言えます。

FPは蓄積型の仕事

FP業の場合、クライアントさんが何かしらの契約をしてくれた段階で、収益が発生する形であり、この収益にはそれこそ「単発型」の仕事も含まれます。

ただ、日々得た「知識は蓄積されていく」わけで、どんどんと仕事はやりやすくなりますし、また仕事の幅も広がっていきます。日々得た知識は、しっかりと記憶された段階で、【一生涯使える知恵】となるわけで、

知識が付く
どんどんと仕事がやりやすくなる
収益の大きさ&スピードが上がる
さらに知識を付ける
さらに仕事がやりやすくなる、、、

を繰り返していくことになります。

真剣に取り組んでいれば、実績は積み重なっていくと僕自身の肌感覚としては感じています。

また、コンサルタント契約(月契約・年契約)をクライアントさんと結んだ場合、継続した収益を作ることも可能となりますので、単純に時給という概念で収益が発生するわけではありません。継続した収益を生むことも可能です。

蓄積型の仕事は努力が報われやすい

人それぞれ色々な意見はあるでしょうが、僕自身の意見としては、蓄積型の仕事は

「成果を出すまで頑張り続ければOK」=「努力が報われやすい」

と考えています( ..)φメモメモ

どんな仕事でも、「本当に稼ぐこと・成果を出すことは可能なのか?」と不安になることもあるかと思いますが、FP業に限らず「蓄積型」である仕事は、努力をし「続ける」ことで一定の成果を期待しやすいと思います。

つまるところ、「蓄積型」の仕事の場合は、出来るか出来ないか?!ではなく、やるかやらないか?!であり、さらには、【努力を続けられるかor続けられないか】が、上手くいく人と上手くいかない人の差だと言えます。

効率良く稼ぐには、すでに上手くいっている先輩FPから教わるとベスト

あと、いくらFP業が蓄積型の仕事で、努力を続ければ報われやすい仕事とはいえ、収益化までのスピードは早いに越した事は無いですし、また、収益の大きさは大きいに越した事は無いわけです。

となると、次に考えるのは「効率良く」稼ぐことかと思います。

答えとしては、効率良く稼ぐには、「すでに上手くいっている先輩FPに教わる」又は、その先輩FPの言動や考え方をコピーするのが一番手っ取り早く、ベストだと言えます。

僕自身、FPの育成も仕事にしていますが、FPを育成できる理由の大きな1つが、「僕自身がやってきた経験を伝える」ことが出来るからという部分があります。

で、結局、FPの知識ってどうやってつけたらいいの?

FPの知識をどうやって勉強していくか?については、上記の繰り返しになりますが、すでにFP業をやっている方から教わるのが早いと思われます( ..)φメモメモ

と言っても、色々なタイプのFPがいますから、自分がしっくりくる先輩FPを見つけると手っ取り早いです、はい(笑)

えぇ~面倒くさ~い・・・という声が聞こえてきそうですが、「稼ぎ始めるまで」って意外にめんどくさく思うことって多いわけで。ただやってみると意外に簡単だったりするわけで(笑)

あくまで僕自身がアドバイスをするとするなら、「先輩FPから教わった方が早い」と言いたいわけです。

FPになるため・FPを仕事にするにはどのくらいの知識が必要なのか?

「FPを仕事にするためにはどのくらいの知識が必要なのか???」は、気になるところだったりしますかね?

感覚的にスパっと分かりやすく表現するならば、FPとしてやっていることは、「自分が実際にやっている資産形成の話」をするだけなんですよね。なので、実際に自分でやってみて、「面白い・これは皆のためになる・まわりに言ってあげよう」と思えたなら、それが仕事になっていくわけです。

当然、どんどんと深い知識を身に付けていく必要はありますが、仕事にしようと思うキッカケは上記くらいでも全然大丈夫だったりします。

ただ、自分の口で話をするのは不安だなぁ・・・と思う場合は、やはり、上記でも繰り返しお伝えしていますが、先輩FPを紹介して回る方が早かったりします(笑)そして、自分は横で先輩FPの話を聞きながら同時に勉強するってのが早いです!

まとめ

FP業は知識業であり教育業です。そのため「蓄積型」の仕事であるとも言えます。

知識は、一生涯使える知恵となるわけで、知識が付けばつくほど、どんどんとFPとして成果も出しやすくなり稼ぎやすくなります。どんな仕事もそうですが、FPの場合は特に、努力をし「続ける」事が大事と言えます。

また、効率良く知識ややり方を身に付けるためには、すでに上手くいっている先輩FPから教わるのがベスです!

ということで、

僕と一緒にFP業をしてみませんか?(笑)

という宣伝になります( ..)φメモメモ

はい、今回はここまでにして、次回また別のテーマで書きますね~( ..)φメモメモ

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.