独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

会社員(サラリーマン)が資産形成で1億円の資産を作るための方法を考えてみた

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

タイトルが「イカニモ」な内容ですが、今回は息抜き記事として書いてみました( ..)φ(笑)

老後資金:老後の生活費の平均はいくら?年金だけでは足りない?平均余命から見てどのくらい必要?

上記の記事で書いたように、「平均的な」老後生活・「ゆとりある」老後生活に必要な金額は違います。(老後の不足金額は、ザっと、約2,000万円~3,800万円)

マクロ経済スライド方式?!年金は破綻しないが、年金に依存するのはNG・アウト

また、上記の記事で書いたように年金支給額の減額を考えると、さらに必要な金額にバラつきは出ます( ゚Д゚)(老後の不足金額はザっと、約4,600万円~6,400万円)

そんな中でも、キリの良い数字として、老後までに【1億円の資産形成】というゴールを見てる方も多いように感じます。【会社員(サラリーマン)だからこそ可能な】資産形成もあるわけで、今回はイメージだけでも書けたらと思います( ..)φメモメモ

平均給与から見ると、貯金・預金だけでは1億円資産は不可能

参照元 国税庁HP 平成28年民間給与実態統計調査結果について

年度は少し古いですが、上記で見ると、給与所得者の「平均年収は約420万円」となっています。職業によっても大きく年収は違いますが、平均420万円という数字で考えると、「1億円の資産」「貯金・預金」だけで作ることはほぼほぼ不可能な数字になってしまいます(゚д゚)税金や社会保険料、それに、普段の生活コストもありますからね(;一_一)

ということで、別の切り口が必要なわけですね、ふむ( ..)φメモメモ

FXなどの運用で1億円は可能か?

FXで億万長者になりました~

という内容のサイトもちょこちょこ見かけますが、僕自身は元手資金が限られた状態で、FXで億万長者を狙うことには否定的です。マニアックにも書けますが、それはまた機会がある時に別記事にでも書きます(笑)

運用リスクだけでなく、マーケットリスクも大きいですし、何よりシステム上の信用リスク&人的要因の信用リスクなど、目に見えないリスクが山盛りあるわけで、専業トレーダーでもない素人がFXで1億円プレイヤーになることは、相当至難な業だと思います(゚д゚)勝ち過ぎるプレイヤーは、証券会社からも嫌われますし(笑)、海外の証券会社を使うと、出金拒否をされたりすることも多々あります(笑)マーケットと戦いながら、システムや会社と戦うことになるので想像以上にホントに大変ですw

コツコツ積み上げていくら貯められるか?

お金が貯まらないのはなぜ?原因は使途不明金を管理していないから?

上記の記事で書いたように、使途不明金を管理すると、毎月3~7万円くらいの不明金が出る方が経験則的に多いように思います。で、例えば、30歳の方が65歳まで、この使途不明金の仮に5万円を毎月、35年資産形成に割り当てたとします。

貯金をした場合

5万円×12カ月×35年 = 2100万円

・・・貯金だけでは効率が悪いですね( ゚Д゚)

外貨建て保険の仕組みでお得に貯蓄?!お金を増やすためにも使える保険って何?

上記の記事で書いたように、保険会社を活用して、増えることに焦点を当てた保険に加入した場合(記事中の保険とは違うものではありますが)で、加入の仕方次第で、35年で約180~200%くらいのパフォーマンスは出すものもありますので、

さらに、保険を活用した場合

2100万円×180%~200%=約4,000万円

ということで、使途不明金を含めて余力資金が毎月5万円出せるという仮定ならば、老後までに「約4000万円」は作れます、ふむ( ..)φメモメモ

でも、1億円までは、あと約6,000万円足りないですね( ゚Д゚)

自分の資金だけでなく、自分以外の資金も使うことを考える

あ、安易に、友人や知人からお金を借りるという意味ではないですよ( ゚Д゚)(笑)

要は、不動産の考え方です。

自分のお金・キャッシュフローだけで資産形成するのには限界がある
【自分の信用・信頼を資産に変えてしまう方法】を考える
自分の信用・信頼を元に金融機関(他人)から借り入れを起こして自分の資産を築く

というものです( ..)φメモメモ

勿論、どんな不動産でも良いわけではありません。大きな買い物であるがゆえに、しっかりと勉強することは大前提ですが、基本的に、都市部・駅近・人口動態増加傾向のワンルームマンション投資をオススメしていますし、自分自身も持っています。(下記の記事でも書きましたが、オフェンス商品としての不動産投資ではなく、ディフェンス商品としての不動産投資という考え方です)

儲かる?ワンルームマンション投資と保険との比較シミュレーション(インフレ期)
どっちが得?ワンルームマンション投資と保険との比較シミュレーション(デフレ期)

で、平均年収くらいあれば、基本的にワンルームマンション投資は可能な範囲です。下記記事でも軽く触れています。

ワンルームマンション投資に必要な年収は300万?400万?500万?

経験則上、大阪エリアの物件だと1500万円~2000万円くらいのサイズですが

年収400万台だと1部屋~2部屋

年収500万円台だと2~3部屋くらい

年収600万円台だと3部屋~4部屋くらい

上記くらいは持てます。

年収400万円台で仮に2部屋で3000万オーバーの不動産資産

仮に400万円台の年収として、2部屋のワンルームマンション投資をしたとして、「約3000万円オーバーの不動産資産」を持つことになります。仮に30歳で保有したとすると、35年ローンでちょうど65歳からは、年金として家賃を貰えますので、丁度タイミング的にも良いかと思います( ..)φメモメモ

ただ、コツコツ積み上げで約4,000万円&不動産資産で約3,000万円で、「合計約7,000万円」、、、1億円は届かないなぁ~と( ;∀;)

こうなると、ご主人・奥さんというパートナーにも協力してもらって、お互いに不動産を持ち合うか、積立を増額するかしないと届きそうに無いなぁと( ゚Д゚)

年収500万円台で仮に3部屋で約4,500万オーバーの不動産資産

この場合だと、コツコツ積み上げで約4,000万円&不動産資産で約4,500万円で、「合計8,500万円」、、、あと一声という感じですね( ゚Д゚)

少しだけ、ご主人・奥さんというパートナーの協力も必要な気がします( ;∀;)

年収600万円台で仮に4部屋で約6,000オーバーの不動産資産

これで、ようやく、積み上げで約4,000万円&不動産資産で約6,000万円で、「合計約1億円」の資産形成が出来ているのかなと( ..)φメモメモ

まぁ、もちろん、不動産の評価ベースは下がりますので、厳密に1億円ジャストというわけにはいきませんが、とりあえず達成している!という感じですが。

というか、資産形成で1億円に拘らなくても良い

ここまで書いておいて言うことではありませんが、別に1億円資産に拘る必要は無い気もしています(笑)単純に、自分と自分の家族などが、豊かな生活が出来る水準になるように、しっかりと老後に向けても準備していく必要があるという部分は間違いありませんが、ボリュームに拘り過ぎる必要は無いかと( ゚Д゚)

ただ、【自分以外の資金も効率良く活用しながら自分の資産にしてしまう】という考え方は勉強する方が良いと本気で思います!僕自身も自分で実感している部分ですので。

やっぱり稼ぐ力を身に付けることも必要

あとやはり、稼ぐ力があれば、その分、積み上げられる余力資金も大きくなりますし、また、金融機関からの借り入れを活用できるボリュームも大きくなります。ですので、当たり前のことかもしれませんが、【稼ぐ力】をゆっくりでも良いのでしっかりと磨いていく必要はありますね。

あ、ちなみに、独立系FPは副業に最適ですよ(´・ω・`)(あ、宣伝です(笑))

サラリーマン(会社員)の副業としてFP(ファイナンシャルプランナー)がオススメな3つの理由

まとめ

息抜き記事と言っておきながら、それなりの量の文章を書いてますね(笑)
早い段階から準備が出来るなら、平均年収の約420万円の方でも、5,000万円オーバーから7,000万円弱くらいの資産ボリュームを作れるわけですが、1億円という資産形成ボリュームを目指すなら、

  • 貯金だけで資産形成は効率が悪い
  • 勉強をするかアドバイスを貰うかして効率を上げた資産形成は必須
  • 使途不明金を洗い出す
  • 自分以外の資金も活用する方法を勉強する
  • 時間をかけてでも稼ぐ力を身に付ける
  • 副業にFPはオススメですよ(笑)(笑)

上記のようポイントは押さえるべきかと思います( ..)φメモメモ

もし、もっと勉強したいなぁと思ったなら、セミナーに参加頂くか動画コンテンツをご覧になって頂ければと思います!

ちょっと宣伝になってしまいますが、大阪・東京でも定期的にセミナーをやっていますし、また、エリア的に参加が難しい方向けに動画コンテンツも用意しています!

セミナーに関してはこちらをポチッと!

動画コンテンツに関してはこちらをポチッと!

良かったら、セミナー参加、動画視聴などもしてみてください!

ってことで、息抜き記事ですので、今回はここまで~

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.