★人生の非常事態 乗り切り編その4★

★人生の非常事態 乗り切り編その4★

【人望ビジネスと人気ビジネス】

 

あ、先に結論を言っておくと、
人望ビジネスでも、人気ビジネスでも、

 

正しく活用すれば、
非常事態を乗り切るために有効な方法となります。

 

 

ただし、注意点があって、

 

人望ビジネス向きの方が、
人気ビジネスを行うと、

 

何にも成果が出ずに、
ただただ、無駄に「徳量」を
消耗してしまうことになります。

 

 

・・・最初から、ちょっと抽象的な話に
なりすぎているかと思うので、
順番に説明していきますね。

 

 

まず、人気ビジネスとは、
文字通り、人気者になり、
数をしっかり持つことを前提としたビジネスのことで、

 

人気YouTuber、インフルエンサーと呼ばれる人
をイメージしてもらえたらと思います。

 

この場合、
ビジネスは横軸で展開されているわけです。

 

横にひろ~~くです。

 

 

次に、人望ビジネスとは、
横軸(人気)の数ではなく、
縦軸(人望・信用の軸)で行うビジネスのことで、

 

人数の多さだけで
ビジネスの大きさがはかれない状態にあります。

 

どれほど、自分自身をふか~~~く
信用してくれているファンがいるか?!
で人望ビジネスが上手くいくかどうかが決まります。

 

 

ちょっとわかりやすく表現すると、、、

 

友人関係の作り方が、
広く浅い人と、
狭く深い人っていますよね???

 

広く浅く数多くの友人を作るタイプ
これが人気ビジネス。

 

狭く深く数は少ないけれど、
1人1人との関係が深いタイプ
これが人望ビジネス。

 

と表現したらわかりますかね?

 

 

もちろん、両方のタイプのビジネスを
できる方もいますが、

 

今回は敢えてタイプ分けをして
話をしていきます。

 

 

で、ここからが大事なんですが、

 

非常事態の時は、
発言力のある(数を持っている)人気者に目がいきやすく、
また、その言葉にすがりたくなるものです。

 

結果として、みんながみんな、
人気ビジネスにトライしようとするわけです。

 

 

もちろん、その素質がある方は
それでいいと思いますが、

 

僕なんかは、
人気者にはなれないなぁ~という
自覚があります(笑)

 

なので、ハナから人気ビジネスで
いきなり勝負をする気が無い感じです。

 

 

「え、それって逃げじゃないの?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、

 

横軸(人気・数)で勝負しようと思うなら、
オンラインで数を取りに行くことも可能なので、

 

「あとあと」
人気ビジネスもチャレンジしたらいいという話であって、

 

「最初から」、
人望ビジネス向きの方が、
人気ビジネスにチャレンジするのは
勝率が低いという話をしています。

 

 

ここ、僕としては、
かなり大事な話をしています。

 

 

人気ビジネスじゃないと成果が出ない
わけではありません。

 

人望ビジネスでも成果は出せます。

 

人気ビジネスの案が出ない方は、
まずは人望ビジネスでの仕組みを作ってから、

 

それを人気ビジネスにスライドさせる
ことを考えた方が勝率が高いと言えます。

 

 

もちろん何度も言うように、
人気ビジネスが出来る方はそれでいいんですよ。

 

ただね、僕みたいに、
「人気者じゃないからなぁ~自分は・・・」
と思っている方でも、

十分、成果が出せるということをお伝えしたいわけです。

さらに、人望ビジネス向きの方が、
無理に自分を作って、人気ビジネスでのし上がろうと
おもっても、そこはなかなかに
ハードルが高いわけです。

というか、
人気ビジネスに気を取られるあまり、
既存のファン(クライアントさんorビジネスパートナー)の方
を置き去りにしてしまうと、

人望ビジネスすらうまくいかなくなる、
いたずらに徳量を消耗させてしまう
可能性もあるわけです。

現在、ちまたでよく見かけるのは、
次の非常事態に備えて、
オンライン化を急ぐがあまり、

人望ビジネスタイプ向きの方が、
人気ビジネスを仕掛けているケースを見かけたりします。

何か戦略や勝算があるなら、
僕がとやかく言うことではないわけですが、

「ただ何となくオンライン化」
「ただ何となく人気ビジネスの真似事」
を狙うと、

何も成果を埋めない可能性があります。

自分自身が
人気ビジネスには向いていないなぁ~
と思うなら、

まずは人望ビジネスから始めましょう。

何も無責任にこんな発言を
しているわけじゃないですよ。

僕自身は人望ビジネス形式で
うまくいってますし、

僕のまわりの方も
それでうまくいっているわけです。

この辺りは、電子書籍でも
触れている話となります。

是非とも参考にしてみてください。

Copyright© FP部 , 2020 All Rights Reserved.