ちょっと異質なFP・FP育成の専門家

貯金を増やすには投資をしよう!資産の分散・お金の3つの色分け

    
\ この記事を共有 /
貯金を増やすには投資をしよう!資産の分散・お金の3つの色分け

FPの大葉(@TatsuoOba)です。

本日は「貯金はあまり意味が無い?!投資にしっかりとお金を回せ」というテーマで話をしていきます。

誤解のないように最初にお伝えしておくと、貯金が全く意味がないという話ではありません。
お金の価値が薄れていく現在、貯金だけしていてもモッタイナイ、貯金だけしていても満足感は薄まってしまうという話をしていきます。

FPとして現場でクライアントさんと話をしていて、わりかし出会うのが「ひたすらに通帳の数字が積みあがっていくのが楽しみなんです」というタイプの方。この記事をご覧になっている、あなたも貯金自体が目的になっていたりしませんか?

残念な事実として、

貯金だけしていても将来への不安が消えない

貯金にこだわるがゆえにお金の運用の仕方・置き所を考える努力をしない

という方も多い気がします。

貯金が好きな事自体は悪いことではありませんが、もっと貯金をしたくなるという気持ちに終わりは来ません。

ひたすら銀行に貯金していても、増えないどころか、この記事を書いている現在の傾向でいくと、お金の価値は減っていく流れになります。

そしてそれは、もしもという話ではなく、現在進行形でお金の価値は減り続けています。

この記事では、お金の価値が減り続けている傾向にある現在、
『あなたが大事にしているその貯金を守るためにはどうしたらいいのか?』
そしてストレスレス、つまり、ストレスがかかりにくい投資スタイルについてもお伝え出来たらと思います。

実際に僕自身が現場でクライアントさんにお伝えしている考え方ですし、純金融資産1億円以上保有の富裕層・5000万円以上保有の準富裕層のクライアントさんも実践している考え方です。

今現在貯金だけしかしておらず、 貯金以外のお金の運用・置き所を考えるキッカケが欲しい。

そう考えているのであれば、ぜひ最後まで見ていってください。
あなたが抱えている悩みをこの記事で少しでも解決出来たらと思います。

今回お伝えする3つのポイント

今日は、この3つのポイントについて話をしていきます。

その1 日本人は貯金が大好きすぎる件(敢えてネガティブな言葉を使っています、あとで説明します)

その2 お金の3つの色分け

その3 色分けしたお金の置き所を考える

■その1 日本人は投資より貯金が大好き過ぎる件

まず最初に、日本人が貯金が大好きすぎるというデータと、その問題点についてです。

データによると日本人の金融資産構成の約54.2%が現金・預金で構成されていることがわかります。米国の約14%と比較すると、その違いが分かるかと思います。

もちろん、退職金などの老後資金でリスクが取れないお金を現金として置いておくケースもあるため、預金比率が高いというだけで問題視することはできません。貯金すること自体は良いことです。

とはいっても、日本人はお金の知識が乏しいと言われているのもまた事実。意図的に貯金をしているのか?!貯金以外の手段を知らないのか?

この違いは大事になってきます。

貯金をしてもお金の価値が下がる日本

というのも、この記事を書いている現在、日本はお金を印刷して作りまくって、お金のトータルの総量を増やしています。

人口が増えていないのに、お金の総量が増える。となると、お金の価値はうす~くなっていきます。

これ言っている意味わかりますか?

お金の総量が増えて、皆がお金持ちになってラッキーではなくて、単純にお金の価値を薄めているだけです。

日本銀行券というお札の量で見て、まだまだ僕らの手元に出回るお金の総量自体は少しだけ増えているレベルで、マーケットに出回るお金の総量はまだまだ今後増えていく方針です。

ちょっと難しい話になっていますよね。

シンプルに言うと、お金の価値が薄まって、物価上昇が起きていく、インフレになっていくということです。

そうなると、貯金をしているお金の価値も目減りしていきます。言っている意味、何となくわかりますか?

例えば、

今手元に100万円の貯金があったとします。1つ1万円のアイテムがあったとして、100万円で100個買えますよね。

これがもし物価上昇により、1つ1万円のアイテムが極端に表現して2万円になったとします。そうすると、100万円だと50個しか買えないことになりますよね。

今の100万円には、そのアイテム100個と交換できる価値があったとしても、物価上昇に巻き込まれると将来的には50個としか交換できない可能性があるという意味です。

これが価値が目減りしているという意味となります。

では、そんなんどうやって回避したらいいん?というと、、、

この価値の目減りを避けるためには、

1:価値が減る円以外の資産形成にも目を向ける

2:インフレ率以上で運用する

必要が出てきます。

この円の価値の減少の問題はしっかりと考えていく必要があります。貯金だけしていても将来的に価値が減っていては、いつまでたっても、安心できない、将来が不安なままとなってしまいます。

と言われても、え、じゃあどうやって運用したらいいの?!と思いますよね。

ということで運用の話をしていきたいところなのですが、その前に、大事な考え方、お金の色分けについて話をしていきたいと思います。

■その2 お金の3つの色分け

本日の2つ目のポイントは、お金の3つの色分けについてです。

貯金だけしても価値が目減りする可能性が高い。
とはいえ、運用と言っても、今まで貯金しかしてこなかった方がいきなり、投資で運用と言っても怖いですよね。

そんな時に考えてほしいのがお金の3つの色分けです。厳密にはもっと細かく色分けしたほうが良いのですが、あまり複雑になっても意味がつたわりづらくなるので、まず最初の第一歩としては3つで考えていきます。

具体的には、

1:流動性資金(使うお金)と緊急性予備資金

2:安全性資金(貯めるお金)

3:収益性資金(増やすお金)


の3つにお金を色分けします。1つずつ見ていきます。

1:流動性資金(使うお金)と緊急性予備資金について

普段生活していてシンプルに欲しいモノってありますよね。そういったときにすぐに使えるお金、あとは、イレギュラーに備えるお金がこの使うお金に該当します。

イレギュラーに備えるお金は、イロイロな見解がありますが、生活資金×3か月~12か月と言われることが多いです。このあたりは、あなた自身のさじ加減でいいと思います。

2:安全性資金(貯めるお金)について

これは主に老後資金や教育資金などの資金として考えたらいいと思いますが、お金の性質としては、リスクを極力抑えるお金・減らさないことが大事というお金です。

一般的には、定期預金・財形貯蓄・学資保険などのお金が該当します。ただし、この資金は先ほどお伝えした通り、インフレ率以上、お金が目減りしてしまうスピード以上の利率で運用をしておかないと、実質、そのお金の価値は守られていないことになります。

3:収益性資金(増やすお金)について

これは主に老後資金などを想定したらいいと思います。

お金の性質としては、リスクを取れるお金・増やすことを目的としたお金です。なので、株式投資や変額保険、あとはスキルアップのための自己投資などのお金が該当します。

お金の使い方の大切さ・重要性

僕自身の経験談なのですが、この3つのお金の色分けをしておくと、投資に対してのストレスがすごく軽減されます。

例えば、余力資金全部を増やすお金に割り振ってリスクをとって増やしにかかった場合、確かに増えている間は心地よいかもしれませんが、減り始めたときは、気が気じゃありません。

何をしてても楽しくないし、頭も心も全てお金に支配されている状態になります。精神衛生上、ホントによくない状態になります。

僕自身、1億円以上をぶっ飛ばしたという、まったく褒められない経験をしたことがあるので、よくわかるんです。僕の場合まだ20代の時だったのでリカバリーできましたが、もう2度とあんなハラハラした感情にさらされたくありません。

なので、僕自身のオススメとしては、

●まず流動性資金。使うお金は確保する。

●続いて、残りのお金を、リスクを抑えるお金とリスクを取れるお金に振り分けるというプロセスを踏むことです。

こうすることで、心の平和が保ちやすいです。そして、リスクを抑えるお金はインフレ率以上で運用することを目的として、リスクを取れるお金は増やすことを目的として投資運用先を変えていくという手順を踏めばいいわけです。

■その3 色分けしたお金の置き所を考える

ということで本日の最後の3つ目のポイント、

『色分けしたお金の置き所を考える』に繋がっていきます。

お金の置き所に関しては、72の法則を意識していきます。

72の法則というのは、72÷利率で計算すると、元本が2倍になるために必要なおおよその時間・年数がわかるという複利計算の式です。

例えば昔の日本は銀行に預けるだけで定期預金の金利が8%以上もありました。
これ先ほどの式で計算すると、72÷8で約9年。

つまり、9年でお金が2倍になっていたわけです。

ただ、今や先進国はどこも低金利ラッシュです。例えば現状の日本の定期預金0.01%で計算すると、約7200年で倍になるという、浦島太郎もビックリな途方もない期間が必要になるという答えが出てきます。

『運用利回りが違うと、資金の増え方が大きく大きく変わる』ということです。

例えば、運用利回りが年利で2%~7%のケースで考えると、資金が倍になるスピードが全然違うことが分かるかと思います。

もちろん、利回りが高いことに越したことはないのですが、利回りが高いということはリスクも高いということを意味します。なので、利回りを求める投資はリスクを取れるお金を使うようにして、リスクを取れないお金・リスクを抑えるべきお金はさほど高い利回りを求めないようにするという方針が大事です。

自分自身の投資のリスク許容度を理解する必要性

実際に現場で出会うクライアントさんの中には、こういった資金の色分けを考えずに、とりあえず全力でNISAやIDeCOといった形で株式市場にフルベットしている方もいます。

さらには、よくわからない、どう考えても詐欺だろうと思う投資にお金をフルベットしている方もいたりします。それで運用が最終的に上手くいけばいいですが、わけもわからず何となくよさそうだからと言って、自分のリスク許容度も考えずにフルベットするのはオススメできません。

逆にリスク許容度を考えて投資しているなら、それがあなたなりの正解です。

ちなみに、リスク許容度と言うと、昔、マカオのカジノにめちゃくちゃオモシロイ先輩と一緒に行ったんですよね。カジノにお金をかけて遊んでいたんですが、

突然ムズムズしたその先輩が、アムロ行きま~す(ガンダムより)って言いながら100万円くらいベットして、数秒でそのお金を溶かしたんですよね。

僕自身20代前半で、この人頭オカシイと思いながらも、腹抱えて一緒に笑った覚えがあるのですが、この先輩の場合、その100万円はリスク許容度の範囲内だったので笑えたわけです。

何が言いたいかというと、リスク許容度は人によって大きさが違うので、一概に答えが出てきません。なので、あなたなりに、きちんと資金を色分けして、リスクを取っていいお金のバランスは考えてほしいと思います。その上で、守るべきをお金はインフレ率以上で運用しておくという方針を取ってみてください。

さいごに

今日の記事は長くなったので、まとめは簡単にします。

今日お伝えしたかったお話の趣旨は、

貯金するだけではお金の価値まで守れない

将来不安から解放されたければ、しっかりとお金の運用を考えた方が良い

ただし、全てのお金をリスクを取って増やすのはNG

使うお金・リスクを抑えるお金・リスクを取るお金の3つに色分けして、

お金の置き所を変えていくことが大事

ということです。 是非ともあなたにとって心地よいバランスを見つけてほしいと思います。

FP歴12年以上の僕のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で公開することにしました。

本業×FP副業でマネタイズするために、「FP資格」は必要ありません。

初心者0からFP副業を始めて、3か月で150万円、6か月で800万円、1年で1000万円など多数の実績例があります

約200分以上の大ボリュームの動画にて
考え方
・やり方
・ノウハウ
などをお伝えします。

今のうちにご視聴ください。

Copyright©FP部,2021All Rights Reserved.