ビジネスコンサルタント×ちょっと異質なFP

お金を増やす力:手堅く着実に増やす【外貨と不動産】

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和

FP歴 11年以上

■ちょっと変わったFP×ビジネスコンサルタント、FPの育成、セミナー講師・・・などなど

■略歴
 京都大学入学後、6か月で自主退学
 23歳で㈱CPA Alliance 役員就任
 28歳で㈱ADIF Alliance代表取締役就任

進学塾の立ち上げ後、FP(ファイナンシャルプランナー)業を開始。クライアントは個人から法人と幅広く、相談件数は1000件以上にのぼる。

詳しいプロフィールはこちら

お金を増やす方法が知りたい
どんなことに注意したらいい?
どんなアドバイスがある?

お金を増やす際に、意識するべきポイントは5つです。

 減らさないことも大事

 むやみにリスクを取らない

 勉強してからリスクを取る(許容する)

 着実に増やす資産を持つ

 積極的に増やすのはその後

 

この記事では、僕自身が【FP歴11年】の中で実際にクライアントさんにお伝えしていることなどを書いていきます。

先にお伝えすると、外貨資産と不動産資産は、必須です。

お金が増える方程式

◆資産
=お金を【貯める力&稼ぐ力】が必要

◆利率
=勉強をしてリスクを管理する力
【増やす力&守る力】が必要

◆時間
=お金を働かせる期間の活用

お金を増やすためには、資産×利率×時間を活用することが大事。

知っておくと便利 72の法則

まずは、【72の法則】は知っておいて欲しいです。

資金が2倍になるのにかかる時間を計算するための、複利計算の式となります(´・ω・`)

≫72の法則 使い方次第で便利な法則【お金が増えるスピードを計算】

何かと便利なので覚えておいてください

利率:知識があれば利率が増える


例えば毎月3万円を貯金するとして、30年で1,080万円貯金できます。

これを、年利1%で運用出来たら?3%で運用出来たら?5%で運用出来たら?

利率と共にリスクが増えますが、知識があればリスクを管理出来るケースもあります。

しっかりと勉強してリスクを管理することが大事!利率も変わってきます。

インフレ対策 国をマネて資産を増やす


今の日本の現状だと、インフレに負けない資産形成は必須です。

≫インフレ円安時代に有効な資産形成・資産運用とは?!円だけの資産形成・運用はリスクです!

≫安心安全で効率の良い資産形成の方法は、国をマネること

ただただ銀行にお金を預けていると、資産が目減りしてしまいます。

お金を増やす 保険編 【記事まとめ】

保険といえば、「万が一のための保険」というイメージも強いかもしれませんが、【お金を増やすため】にも活用出来ます。

優秀な保険プランナーを担当にすることをオススメします。

≫MDRT?COT?TOTとは?年収1000万から6,000万以上保険プランナーの称号について

イロイロと、お金を増やす保険について書いていきますね。

自分のお金を使って資産を作るのが保険活用。

他人のお金を使って資産を作るのが、次の不動産のお話です。

お金を増やす 不動産投資編 【記事まとめ】

イロイロな不動産投資のスタイルがありますが、オススメしているスタイルは、以下となります。

 新築 or 築浅

 ワンルームマンション区分

 駅近・都市部

 フルローン(可能ならば)

そして、絶対オススメしないのは、以下となります。

× 地方郊外

× 木造一棟

上記の前提で記事を書いていきます。

≫サラリーマン(会社員)が副業でオーナー業をやるなら不動産オーナーがオススメ?!

絶対にこれがイイ・あれがNGとかの話ではありません。

「初心者が不動産投資をする場合は・・・」という前提で書いていきます。

ワンルームマンション投資の5大メリット

メリットその1:節税効果

「減価償却」「法定耐用年数」「損益通算」「経費算入」の4つの言葉がキーワードとなります。

メリットその2:年金の代替機能

代替とは「代わりの」という意味です。不動産を年金として活用します。

メリットその3:生命保険の代替機能

不動産を生命保険として活用します。

メリットその4:インフレ対応型資産

物価上昇に強いのが不動産です。

メリットその5:レバレッジ効果

銀行融資(他人のお金)を活用するわけで、レバレッジが利きます。

個人的にはこれが一番大きなメリットだと思っています。

他人のお金を使って自分の資産を作れてしまうのが不動産投資の面白さです。

不動産投資の必須知識

【不動産所得は総合課税】
≫サラリーマン(会社員)が副業で節税って可能?!事業所得又は不動産所得で損益通算

【公務員でも節税可能】
≫公務員でも節税出来るって本当?!不動産投資で節税出来るってなんで?

【建設コスト 上昇中】
≫不動産投資(マンション投資)、売り時はオリンピック前?後?建築コストは上がり続ける?!

【訪日客・民泊・ホテル稼働率】
≫不動産投資(マンション投資)は大阪が狙い目?!訪日客、民泊、ホテル稼働率などで考えてみる

【人口動態・地下上昇エリア】
≫人口減少の今、ワンルームマンション投資って危なくないの?!

【インフレ期:不動産投資が最強】
≫儲かる?ワンルームマンション投資と保険との比較シミュレーション(インフレ期)

【要注意:旧耐震・新耐震】
≫旧耐震?新耐震?いつから?そして違いは?中古ワンルームマンション投資リスク回避の最低限の知識の1つ

【要注意:品確法、住宅瑕疵担保履行法】
≫まるで呪文…品確法・住宅瑕疵担保履行法、ワンルームマンション投資のリスク回避?!瑕疵担保責任

【要注意:一棟木造アパートのリスク】
≫かぼちゃの馬車から分かる木造アパート一棟投資のデメリット、危険性

【要注意:「残」法定耐用年数】
≫【残】が大事!不動産投資で「残法定耐用年数」って理解していますか?

【要注意:販売代理】
≫ワンルームマンション投資で、新築は失敗する?新築プレミアム、販売代理の存在は知っておくべきポイント

【要注意:新築プレミアム】
≫新築プレミアムとは?新築ワンルームマンション投資の失敗談でよく聞く例

【期待:大阪IRについて】
≫大阪カジノ?IR構想とは?夢洲、経済効果、雇用、事業者、、、不動産価格上昇?!とりあえず整理すると…

稼ぐ力も必須

あと、やはり、稼ぐ力があれば、その分、積み上げられる余力資金も大きくなります。

また、金融機関からの借り入れを活用できるボリュームも大きくなります。

≫会社員(サラリーマン)が資産形成で1億円の資産を作るための方法を考えてみた

稼ぐ力に関してはまた、別の記事で書きます。

時間が無い方へ プランナーを付けた方が効率は良い

イロイロとお金の勉強をするのが大変だなぁ~、面倒だなぁ~と思う場合は、時短のためにもプランナーを付けるのはオススメです。

その場合は、保険プランナーとFP(ファイナンシャルプランナー)の2名体制がスムーズかと思います。

≫ファイナンシャルプランナー(FP)と税理士の役割の違いとは?両方必要です!

≫MDRT?COT?TOTとは?年収1000万から6,000万以上保険プランナーの称号について

プランナーをつけたいけれど、そんな人脈無い!という方は、お問合せくださいね(あ、宣伝ですw)

まとめ

お金を増やす方法が知りたい
どんなことに注意したらいい?
どんなアドバイスがある?

お金を増やす際に、意識するべきポイントは5つです。

 減らさないことも大事

 むやみにリスクを取らない

 勉強してからリスクを取る(許容する)

 着実に増やす資産を持つ

 積極的に増やすのはその後

外貨資産と不動産資産は必須です。そして、稼ぐ力を身に付けることも大事と言えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和

FP歴 11年以上

■ちょっと変わったFP×ビジネスコンサルタント、FPの育成、セミナー講師・・・などなど

■略歴
 京都大学入学後、6か月で自主退学
 23歳で㈱CPA Alliance 役員就任
 28歳で㈱ADIF Alliance代表取締役就任

進学塾の立ち上げ後、FP(ファイナンシャルプランナー)業を開始。クライアントは個人から法人と幅広く、相談件数は1000件以上にのぼる。

詳しいプロフィールはこちら

ご要望、受付中

「記事にしてほしい内容・メルマガ配信などで聞きたいこと」
などなど、ご意見ください。

今後の記事作成やメルマガ配信の参考にさせて頂きます。
※メールに直接返信はできませんが、いただいたメールは全て読んでおります。

Copyright© FP部 , 2020 All Rights Reserved.