ちょっと異質なFP・FP育成の専門家

FP(ファイナンシャルプランナー)はどうやって稼ぐ?仕事がない人はコレをやれば稼げる!

    
\ この記事を共有 /
FP(ファイナンシャルプランナー)はどうやって稼ぐ?仕事がない人はコレを...

はい、本日もコツコツと勉強していきましょう、FPの大葉(@TatsuoOba)です。

今回は、「FP(ファイナンシャルプランナー)で食えてない人はコレをやれば稼げる!」をテーマにお話していきます。

本日は、広い意味では僕と同業となる

  • FPファイナンシャルプランナー向け
  • 保険を取り扱うプランナーの方向け

の記事となります。

ちなみに、僕自身は保険プランナーではないので保険契約は自分では取らずに、あくまで善意で紹介だけしている独立系FPです。

ただその紹介する人数が多いために、満足のいく収益を上げれていない保険プランナーの方々から「どうやってそれだけの紹介を増やしているの?教えてほしい」と悩み相談をされることがどんどんと増えています。

シンプルにあまり稼げずに困っている

法人マーケットが開拓できない

集客に困っている

YouTubeの影響でクライアントさんが変に知識をつけて対応に困っている

などなど、イロイロと悩み相談を受けます。

稼げない状態が続くと常に自分自身が不安なメンタルでクライアントさんにアドバイスせざるを得ない状態になり、パフォーマンスが落ちて紹介につながらなくなる、、、

そしてそのまま仕事自体を辞めざるを得なくなったり、・・・と碌なことになりません。

お金のアドバイザーであるFPがお金に詰まっている・苦しむというのはあまりにも本末転倒です。

でも大丈夫です。

保険×●●という掛け算を意識したポジションをとるだけで、あなたのFPとしての価値は高まりますし、それと比例して収益も伸ばせます。

ちなみに保険プランナーでもない僕が言い切れる理由もしっかりあります。

1:僕のクライアントさん紹介だけでMDRT基準(ざっくり年収1000万円以上)を達成された方が何名もいます

2:今も継続して保険は自分では契約を取らずに紹介だけしている。それなりの量を。

3:今も現場で保険プランナーさんへのコンサルティングをしていて、COT(ざっくり年収3000万円以上)になられた方もいます。

もし、現在FPとして収益を上げられずに困っていて何かしらのヒントを探している、そういう方は、ぜひ最後まで見ていってください。

あなたが抱えている悩みをこの記事で少しでも解決出来たらと思います。
では、本題に入っていきます。

FPが仕事で稼ぐためにやる3つのこと

今回お伝えするのは、

その1 保険×●● 保険だけで勝負しない

その2 フロントとバックの使い分け

その3 オンラインの取り組み

主にはこの3つについて、大葉の独断と偏見に満ちた話をしていきます。

ですので、「え、それは違うやろ~」と思う方もいると思いますが、あくまで僕の意見ということでお聞きいただければと思います。

FP稼ぐその1 保険×●● 保険だけで勝負しない

まず最初に、保険×●●についてです。

これは何が言いたいかというと、保険で収益を上げるためには、保険以外の強みを見つける、保険だけで勝負しないというスタイルを取る!ことが大事という意味です。

これを聞いて、「あぁはいはい・何を当たり前のことを言っているのやら・・・」と思う方は、収益を上げているプランナーの方で、

逆に、「え、どういうこと?」と思われる方は、保険以外の強みを持っていない方かと思います。

ちょっと現場で出会うプランナーさんの具体例もふまえて説明していきます。

僕自身、MDRTと呼ばれる年収1000万円オーバーのプランナーさんと仕事をする機会が多いんですが、収益を上げているプランナーさんというのはやっぱり特色があります。

真面目なパターンでいくと、

  • 相続とか事業継承に強い
  • 株式投資に強い
  • 不動産投資に強い
  • 税務に強い
  • 人脈が豊富でビジネスマッチングに強い

などなど保険以外のことにも強くて、必要な部分に応じて保険を提案しているそんなイメージです。

また不真面目なパターンでいくと、

  • 合コンを組みまくっている
  • 飲み会の仕切りがハンパなく上手い
  • 芸人バリに面白いなど

ビジネスとは関係なさそうな強みをお持ちの方もいます。こういう方々は、仲良くなっていく中で、で、あなたって何者?という疑問をもたれて、少しずつ自己開示しながら商談が進んだりしていくイメージです。

真面目なパターンでも、不真面目なパターンでも、保険とは違う分野の強みが生きて、保険契約が取れているわけです。

今後この保険以外の強みがあるというのは非常に大事になってくると、個人的には感じています。

例えば、YouTubeをはじめとするSNSからの情報収集で、変に知識が偏ってしまっているクライアントさんが実際に増えています。

繰り返しになりますが、僕自身は保険契約を取らないFPなので、別に保険に偏見があるクライアントさんであったしても、何も問題にはならないのですが、保険を主戦場としてるプランナーさんたちにとっては、やっかいな問題になりえます。

保険の切り口しかもっていない保険プランナーさんは、偏見全開のクライアントさんには対応できないわけです。ところが保険以外の切り口を持っている場合は、大したハードルにはなりません。

実際現場で出会う、収益を上げれていない保険プランナーさんたちは、

保険のトークしかできない、ひどい場合は、その保険のトークすら ビミョーというケースが多い

変に保険に固執してしまっているために、柔軟性がなく一緒にいても面白くない人も多い気がする

まだまだこの話題だけでも言いたいことはあるのですが、とにかく、

保険プランナーだからこそ、保険×●●という保険以外のポジションをとって、保険だけで勝負しない!という考え方が、収益を上げるためには必要不可欠だと僕は考えています。

FP稼ぐその2 フロントとバックの使い分け

オンラインでビジネスをしている人にとっては当然の考え方である、フロントエンドバックエンドという使い分けが、プランナーさんたちができていないケースが多いわけです。

え、フロントエンド?バックエンド?ってなに???という方向けに簡単にお話すると、

集客用の低単価、ないし無料の商品やサービスのことをフロントエンド、

収益を上げるための高単価、ないし通常料金の商品やサービスのことをバックエンドと表現します。

例えば、健康食品なんかがわかりやすいかと思うのですが、

初回が異常に激安で、2回目以降の注文は通常料金で~というのをよく目にしませんか?
あれは初回の激安の提案で集客を狙っておいて、継続発注で収益化を狙っているわけです。

で、FPとして仕事をしていくときも、このフロントとバックの使い分けは大事だと僕自身は思っています。

  • 何が集客商品になりえるのか?
  • 何が収益商品になりえるのか?

は、人それぞれ変わってきますが、ただ、無作為にすべてを収益化しようとすると、1件1件の提案が重たくなりがちですし、本来時間を割くべきニーズがあるクライアントさんというのがわからなくなったりします。

しっかりと設計を考えることが大事です。

僕自身のもとに相談に来る方で、集客に困っている・・・という保険プランナーの方ほど、この設計が全くできていない状態にあります。

これは集客ができないんじゃなくて、設計ができてないということなので、
その部分をクリアすると、集客もスムーズにいくケースが多いです。

もしこの記事をご覧になられているあなたも、フロントとバックの設計ができていないとするなら、すぐに設計してみてください。

というと、「え、どうやってやったらいいのかがわからんねん!」という心のツッコミが今にも聞こえてきそうですが、これは1つ目のお題にとりあげた、保険以外の強みも考慮すると意外に簡単に出てきたりします。

保険だけにとらわれずに柔軟な頭でイロイロと試行錯誤してみてください。

FP稼ぐその3 オンラインの取り組み

そして最後3つ目の話題が、オンラインの取り組みについてです。

これは今さら言うまでも無いかもしれませんが、FPとして収益を上げていくには何かしらのオンラインの取り組みはしたほうが良いのは明白です。

別にこれは、重たいサイト運営をしたほうが良いとか、広告費をかけて集客するんだ~!とか言っているわけではなくて、

例えば簡単なプロフィールをネット上に作っておくとか、少しずつでもSNSを触っていくとか、そういう部分の取り組みです。

いまだに、保険プランナーの方の中には紙ベースで自己紹介プロフィールを持ち歩いている方に出会います。

割とインパクトある情報がある方ならこれもOKでしょうし、かつ、実際にそれで収益が上がっているならOKです。ただ、収益も上げられず、思考停止状態で、ただ何となく自己紹介の紙を渡しているプランナーさん、これはキツイです。

ちなみに僕自身も自己紹介プロフィールを紙ベースで渡すこともあるのですが、その場合は意図的に紙を選択しています。

だだコロナの影響もあって、対面での商談よりオンラインでの商談を好むクライアントさんが増えた現在でいうと、紙ベースの自己開示しかできないのは割と致命的といえます。

僕自身がコンサルティングで入らせてもらった例でいくと、

このプロフィールをネット上に置き換えて、商談フローの一部をオンラインに切り替えただけで、劇的に収益が伸びた方もいらっしゃいます。

というと、

「私・僕は所属している会社自体がオンラインの取り組みをコンプラ上禁止にしていて、何かしたくてもできないんです」とおっしゃる方にも出会います。

それに対しての僕なりの回答は、もしオンラインでの取り組みをどうしてもやってみたいという気持ちがあるなら、もういっそのこと、自由度の高い他の会社に転職してしまうのも1つの手だと思うということです。

転職自体簡単なことではないかもしれませんが、現状から抜け出すための選択肢の1つとして、そういった考え方も必要だということを言いたいわけです。

お金のアドバイザーであるFPがお金に詰まっている・苦しむというのはあまりにも本末転倒ですし、それを解消するためにはイロイロな手を試してみる!というのは当然に必要な考え方かと思います。

FPが仕事で稼ぐための3つのことまとめ

さて、少し長くなった気もするので、簡単にまとめておきます。

その1 保険×●● というポジションをとって、保険だけで勝負しないことが大切だということ。

収益を上げれていない保険プランナーの方ほど、

保険だけにこだわりすぎてまわりが見えていない

トークが偏りすぎていて遊びがない

という方が多いわけです。

逆に収益を上げている方

保険以外の金融商品についても知識が豊富

プライベートな部分でめちゃくちゃ楽しい方

だったりと、保険以外の自分の強みを持っている方が多いです。

保険プランナーだからこそ、保険以外のポジショニングが大事と思います。

その2 フロントとバックの使い分けついて。

集客用の商品・サービスと、収益を上げるようの商品・サービスを使い分けることが大事というお話でした。

収益を満足に上げれていないプランナーの方ほど、保険だけにこだわり、集客用の提案と収益用の提案を使い分けれていないケースがほぼほぼです。

保険以外の強みを持って、またそれを活かして、フロントとバックの使い分けをしっかりすることで、収益を上げやすいモデルが作れます。

そして、最後に、その3 オンラインの取り組みについて。

やはり今の時代、少なからずオンラインの取り組みはしたほうが良いです。

ちろん今のままで十分に収益をあげられている方は、そのままで大丈夫ですが、

現在思うように収益を上げられずに困っていて、何かしらの打開策を必要としている場合は、オンラインの取り組みというのも1つ選択肢に入れることがおすすめです。

業界的に、オフライン全開の方が多いので、オンラインの取り組みを少しするだけでも面白い結果が出る可能性が高いです。

ただ、金融商品を扱う立場としてのコンプライアンスにだけは十分配慮する必要性があります。

まとめ

とういうことで、いかがだったでしょうか?
初めのほうにお伝えさせていただいた通り、今回は僕個人の独断と偏見に満ちた話をさせていただきました。

不快に思われた方がもしいらっしゃったら、素直にごめんなさい。

ただ、今回お伝えした内容は、僕個人がコンサルをさせていただく時にもお伝えしている内容の一部なので、ガッツリ本音ではあります。

あくまでこういう意見もあるというくらいで聞き流してもらえると幸いです。

また逆に、この動画をご覧になられて、なるほど参考になった~と思われた方がいれば、ほんとにうれしいです。ぜひとも今後のFP活動の参考にしてもらえたらと思います。

ゆとりのあるFP、まともなアドバイスができるFPが増えれば、

多くのクライアントさんのお金のリテラシーもあがり、

一般的にYouTubeなどでもたたかれている、悪い保険プランナーが減っていくことに繋がる

と思っています。

ぜひとも楽しいFP活動をしてきましょう!

FP歴12年以上の僕のノウハウを全部つぎ込んで
しかも無料で公開することにしました。

本業×FP副業でマネタイズするために、「FP資格」は必要ありません。

初心者0からFP副業を始めて、3か月で150万円、6か月で800万円、1年で1000万円など多数の実績例があります

約200分以上の大ボリュームの動画にて
考え方
・やり方
・ノウハウ
などをお伝えします。

今のうちにご視聴ください。

Copyright©FP部,2021All Rights Reserved.