独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の種類で収入は変わるのか?

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

このテーマの質問は、学生の方や、これからファイナンシャルプランナー(FP)として仕事をしていきたいという意気込みを持っている方に聞かれたりすることがあります。

FP3級・FP2級・FP1級・AFP・CFP、資格の難易度はあるので、どこまで取ればいいのか気になるんでしょうね。

この答えは、
企業系ファイナンシャルプランナー(FP)なのか。
独立系ファイナンシャルプランナー(FP)なのかによって、変わってきます。
➡詳しくは、「ファイナンシャルプランナー(FP)としての働き方は、大きく分けると2種類」で。

あくまで、僕自身は独立系ファイナンシャルプランナー(FP)ですので、独立系FPとしての目線で書いていきますね!

FP3級という資格では収入を取れるレベルの知識は無い

これは

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)でも
独立系ファイナンシャルプランナー(FP)でも

答えは同じです。

マーク方式試験の資格ですし、勉強自体は必要ではありますが、本当に簡単に取れます。

簡単に取れるわけですから、「実際に現場で使えるか」というと疑問が残ります。

知らないよりは知っている方が良いというレベルの話で、FP3級の資格は、無いより有った方が良いというくらいです。

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)として働く場合は、会社によっては、FP3級の資格があることで、多少の給料の上昇をしてくれる会社もあるかもしれませんが、、、

仮に、僕自身の会社でFPを雇用するとした場合、FP3級を持った人が面接に来たとしても

「お金の勉強に興味があって、少しは勉強してきたんだなぁ」

くらいにしか思いません。

即戦力ではないということです。

一般的なFPの年収の目安

ファイナンシャルプランナー(FP)の年収っていくらくらい?独立系・企業系で考えてみる
この記事で書きましたが、企業系FPとしては、450万前後が平均というところでしょうか。

では、FP2級・1級、AFP・CFPの資格があれば、収入が上がるのか?

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)の場合は、FP2級以上は必須の資格と言われることが多いです。

その上で、会社によっては多少給料に反映させてくれる会社もあるでしょうが、資格があるからと言って「仕事が出来る」かどうかはまた別の話となります。

ただ、FP2級以上となれば、当然に勉強はしっかりする必要があります。なので営業の際に、名刺に載せることで、クライアントからの「見た目」が良いのは間違いないです。

また、資格のあるなしを安心材料の1つに見ているクライアントが居るのも間違いないです。

つまりは、企業系ファイナンシャルプランナー(FP)にとっては、取るべき資格だと言えます。

しかし、、、

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)としては、、、

【資格のあるなしが収入に影響することは無い】

と、僕自身の体験から思います。

資格があるかどうかよりも

【クライアントさんにとって、本当にためになる&価値のあるアドバイスをする方がよっぽど大事】

ですし、資格の勉強をしている時間があるなら、自分が扱う案件を徹底的に勉強する方が、よっぽどタメになります。

資格が必要無いと言っているわけではなく、独立系ファイナンシャルプランナー(FP)にとっては

【資格があるから稼げるわけではない】

と言いたい感じです。

自らも実践しているファイナンシャルプランナー(FP)の言葉が一番響く

これは当然と言えば当然なんですが、「アドバイスだけして、自分自身は実践していないタイプのFP」は仕事として稼げていない人が多いです。

特に、法人・会社を経営する立場からアドバイス出来るファイナンシャルプランナー(FP)が、ホントに少ないなぁと日々現場で思わされます。
税の部分が分からないファイナンシャルプランナー(FP)が、本当に多いです。

扱う案件にもよりますが、それでもやはり、自分自らも実践しながらアドバイスしている、、、

というスタンスが、一番クライアントの心にも響くのは間違いありません。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として、活動したての頃は、資金面から見て全てを実践していくというのは難しいかと思いますが、それでも

「もし資金面にゆとりが出来たら、自分自らでも実践していく!」

という気持ちのスタンスは大事です。

まとめ

ファイナンシャルプランナー(FP)としての資格が収入にどう影響するのか?というテーマでしたが、僕個人の感覚でいくと、、、

●FP3級
➡ 収入にならない。
●FP2級、AFP
➡ 企業系FPなら多少は給料に影響があるかも?!
独立系FPにとっては、収入には繋がらない。
※クライアントさんから見て、「一見すると、良く見える」くらい。
●FP1級、CFP
➡ 企業系FPなら多少は給料に影響があるかも?!
独立系FPにとっては、収入には繋がらない。
※クライアントさんから見て、「一見すると、良く見える」くらい。
ということで、独立系FPをオススメする僕としては

「資格よりも、自分で実践している活きたアドバイスをする方が大事」

という意見です。

他にも様々な意見があるでしょうが、僕のまわりで独立系FPとして頑張っている方に聞いても、ほぼ同じ意見となりました(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.