ビジネスコンサルタント×ちょっと異質なFP

【FP歴11年】FP(ファイナンシャルプランナー)で独立開業・起業するまでの準備

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和

FP歴 11年以上

■ちょっと変わったFP×ビジネスコンサルタント、FPの育成、セミナー講師・・・などなど

■略歴
 京都大学入学後、6か月で自主退学
 23歳で㈱CPA Alliance 役員就任
 28歳で㈱ADIF Alliance代表取締役就任

進学塾の立ち上げ後、FP(ファイナンシャルプランナー)業を開始。クライアントは個人から法人と幅広く、相談件数は1000件以上にのぼる。

詳しいプロフィールはこちら

FPで独立開業したい
独立までに何をしたらいい?
具体的にイロイロと知りたい

僕は、2008年から仕事としてFP(ファイナンシャルプランナー)をやっていますし、現在は、FP育成も手掛けていたりします。

FP未経験者を独立・成功するまで育成してきた経験から感じることとして、FPは応用範囲が広く、人生全体で役立つ知識・スキルが得られる仕事であり、FPの知識・スキルが身に付くと以下のようなことが可能になります。

 

 自分自身や家族の老後設計や準備が出来る

 効率の良い資産形成が出来る

 ビジネス(副業・専業)、経営など全般に活かせる

 

この記事では、僕自身が【FP歴11年】の中で実際に感じていることなど、FP(ファイナンシャルプランナー)という仕事・生き方のエッセンスをお伝えしていきます。

これからFPを始めたい初心者・未経験者向けの話もしつつ、収益を上げるために押さえておくべきポイントなど、すでにFPとして現場にいらっしゃる方にとっても、勉強になるポイントも書いています。

僕自身が考える「新しいFPという働き方」にも少し触れていけたらと思います。

Contents

FP(ファイナンシャルプランナー)で独立開業に資格は必要無し

FPで独立開業 資格は必要無し

そもそも、FP資格が無くても、現場では、ファイナンシャルプランナー(FP)と名乗れてしまいます

どうしても資格が欲しいならFP2級以上を推奨です。

FP資格が欲しい場合はFP2級以上:名刺に載せても違和感無し


「本当に何も知らないから独立するために資格は取っておきたい」と思うようでしたら、FP2級以上を推奨します

FP2級以上でしたら名刺に載せられますし、だいたい、どういう制度・商品が日本にあるのか、ザックリとわかるかと思います。

ちなみに「FP3級じゃダメなの?」というと、そうではありませんが、あまりにも簡単に資格が取れてしまうことからわかるように、現場では使い物になりません&名刺に載せるのも気が引けます

独立系FPと企業系FPとの割合


参照元  日本FP協会 データで見るFP資格 より

独立系FPの割合を見てみようと思いましたが、上記のデータからは読み取れません( ゚Д゚)(笑)。

おそらく、その他13%・事業会社14%・FP事務所7%辺りの数値に、独立系FPが紛れていそうですが、イマイチハッキリしません。

あと、そもそもFP資格は持たずして独立系FPとして活躍している方もたくさんいますので、余計に数字がハッキリしません。

≫ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事先・就職先って?

1つ確かなのは、データで見てとれる範囲ではほとんどの方が雇用される形式の企業系FPだということです。

独立の仕方が分からないFPの方もたくさん居ることを考えると、ある意味、やったもん勝ちと言える部分があると感じています。

独立系FPの仕事内容・業務内容 【かなり自由】


 貯める
 守る
 増やす
 稼ぐ

前提として、FP(ファイナンシャルプランナー)は、「お金にまつわるエトセトラ」を仕事にすることになるので、仕事範囲は、これを読んでいるあなたが思っている以上に多岐に渡ります。

≫ファイナンシャルプランナー(FP)の業務内容・仕事内容って具体的にはどんな感じ???(著者の場合)

一般的にイメージされるだろう仕事内容
保険提案(プランニング&紹介)
不動産提案(プランニング&紹介)
各種セミナー講師
相続関連
節税案件の提案
会計関連からのコンサルティング
ガチンコの経営コンサルティング

ここからは意外と思われる仕事内容など
物販関連
オンライン講座運営
ブログ書き方講座など
オンライン化・仕組み化のお手伝い
ビジネスマインドセミナーなど

お金関連全般になってくると、かなり多岐に渡ります。

独立開業したFPの年収


日本FP協会が2011年に行った、ファイナンシャルプランナー・プランナー業務報告の調査結果を見ると、独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の平均年収は305.3万円とされています。さらに、業務経験が3年未満になると平均年収は142.2万円まで下がります。

経験年数15年以上では平均年収は902.2万円となっています。ただしこれは、あくまで平均値であり、「1,000万円以上稼いでいる」2割の人が平均値を引き上げているのは明白です。

≫ファイナンシャルプランナー(FP)で稼げない方に多いパターン

どんな仕事でもそうですが、やり方次第で稼げもするし、稼げないという方もいます。

FPでもそれは同様ということです。

僕(著者)のFP育成方針| 2~3年で年収1,000万円以上を目指そう!

先にお伝えしておくと、僕と一緒にファイナンシャルプランナー(FP)を仕事としてやっていく方には

「FPを副業で始めて、2~3年で年収1,000万円以上を目指して独立しちゃいましょう!」
とお伝えしています。

本人の努力次第ですが、上記の目標1000万円を1年以内に達成する方もなかにはいらっしゃるので、平均データとしての「15年以上の経験年数で年収900万円」という数字が、イマイチ僕にはピンときていません。

独立開業に必要な費用 0円でも可

勉強・知識は必須ですが、固定コストを抱える必要はありません。

 事務所必要無し

 従業員必要無し

 仕入れなど無し

FP(ファイナンシャルプランナー)って知識業ですから、とにかく勉強することから始まるんですよね。

独立開業の費用・コストはどこまで拘るか?で変動

ロゴや名刺をしっかり作るなら、デザイナー外注のための費用もかかります。スーツをパリッと新調するなら?WEBサイト・ブログサイトを外注で作るなら?

FPはノーコストで始めることが出来るのもメリットの1つなので、あまり最初はコストをかけすぎない方が良いと言えます。

≫【FP歴11年】FP(ファイナンシャルプランナー)を副業で始める・稼ぐ方法教えます|会社員・サラリーマンにオススメ

結局はどこまで拘るかと、どこまでを自分でやるか次第と言えます。

あとで書きますが、そもそも、軌道に乗るまでは副業で独立系FPとして収益を上げれば、コストなどをそれほど気にする必要もないと言えます。

FPとして独立開業するための手順【起業準備が大事】


繰り返しになりますが、そもそも、FP資格が無くても、現場では、ファイナンシャルプランナー(FP)と名乗れてしまいます。

ですので、資格云々よりは、それ以外の要素の準備に頭と身体を使う方が効率が良いと言えます。

 扱う案件が定まっていない【商品・案件・提携先】

 案件に対しての知識不足【知識・実務】

 見込み客を作っていない【集客・営業】

 事業計画がない【計画性】

これでは、見切り発車過ぎて、上手くいかないのは目に見えています。

ということで、独立開業のため、起業準備はしっかりしていきましょう

FP独立開業の起業準備:その1 まずは副業から(週末起業で腕試し)

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)になるために、まずは副業としてスタートすることをオススメしています。だって、、、【ノーコスト】だから!!
≫【FP歴11年】FP(ファイナンシャルプランナー)を副業で始める・稼ぐ方法教えます|会社員・サラリーマンにオススメ

まずは、平日の空き時間や、お休みの土日などを充てて、勉強や、見込み客つくりを始めればよいわけです。

専業になるまでに副業として走る期間:現在収入の2~3倍

副業として走る期間は、少なくとも、現在の収益・給与の、2倍は稼いでから、専業にするかどうかを考えたらいいかと思います。

たまに、現在の給与と同額をFPで稼げるようになった瞬間に、元々在籍していた会社を辞めてしまう人を見かけますが、危険だなぁ~と思ってしまいます。

というのも、独立系FPは自営業ですから、そもそもが不安定ですし、サラリーマン時代にはかかってこなかった経費がかかってきます。

動けば動くほど、交通費やアポイントの際のお茶代などは一気に増えていきます(ZOOMなど活用すれば別)。

サラリーマン時代と稼いでいる金額ベースは同じに見えても、明らかに生活水準は下がってしまいます。

余裕の無さは、クライアントさんにも伝わり兼ねないですし、何よりも、

経験したことある人しか分からない感覚でしょうが、収益が不安定なのは精神的にもかなりしんどいよ~~~~~

ということで、まずは副業からがオススメです。

番外編:企業系FPで実践経験を積んで独立【保険の歩合の仕事がオススメ】

副業とかではなく、ガッツリとFPの環境に身をおきながら、自分磨きをしたいんだ~~~~!という方には、保険の歩合での仕事をオススメします。

当然、甘い世界ではないので、覚悟は必要ですが、企業系FPとしての実務経験を積みたいなら、営業力も鍛えられる保険が良いかなぁと思います。

≫ファイナンシャルプランナー(FP)の収入源って何?

特に、1社専属の保険プランナーというよりは、乗合代理の保険プランナーがオススメです。
※この辺りはまた別記事で詳細に触れたいと思います。

なぜ乗合代理をオススメするかの理由は2つ。1つは、提案商品の種類の点。もう1つは、副業的に他のFP案件を扱うなら乗合代理の方がまだ比較的自由度が高いからです。

独立のための武者修行だとするなら、自由度は残しておいた方が良いと個人的には思います。

FP 独立開業の起業準備:その2 自分の資産形成のために勉強しまくる


独立するために勉強するのはスゴク良いことですし、大事なことなのですが、そもそも、あなた自身の資産形成のためにも勉強した方がベストというお話です。

僕自身が、実はここからのスタートでした(゚д゚)

ただひたすらに自分自身の資産形成をしたくて、勉強しまくった

不思議な事に、まわりの友人・知人から、お金に関する相談をされるようになる

「僕(著者)と同じ方法で資産形成をしたい」と言い出す方が増えた

これが仕事になっていったわけです。

自分自らが実践していることが、クライアントさんのタメになるのは至極当然のことですよね。

自分は実践せずに、商品を売りつけるだけのFPになったところで、商売として長続きはしない気がします。

勉強中に潜在的な見込み客を作っておく

自分自身が「実践したい!」と思えるような情報・知識が身に付いたら、自然と「まわりにも教えてあげたい!」という気持ちが芽生えてきます。

なので、「見込み客を作るにはどうしたらいいだろうか・・・」とFP業を始める前から悩んでいる方は、まだ、知識不足・情報不足ということになります。

「ただ、そうは言うものの・・・」と不安に思うようなら、自然な方法で見込み客を作る方法の1つとして

「●年後にFPとして独立するために勉強中なんだ~」
「自分の資産形成のために、色々勉強中なんだ~」

と、まわりの友達に言いふらしておけばいいと思います。そうすると、実際に副業として始めて、声を掛けていく際に、自然な流れで話がしやすくなります。

ただこれは、あくまでコテサキのテクニック的な話になってしまいますので、しっかりと自分が良いと判断できるまで対象の内容を勉強するという姿勢は忘れてはいけません。

勉強中に、協力者などを作っておく

自分の資産形成のために勉強しつつ、独立のための人脈作りをすることも大事な準備と言えます。

もしも僕が人脈を作るなら、MDRT以上の方は特に、人脈として探しておきます。理由は独立系FPと相性が良いからです。

MDRTの方は保険が欲しい、こちらは保険以外も扱える・・・という立場になればお互いにWin-Winの関係が築けます。

≫MDRT?COT?TOTとは?年収1000万から6,000万以上保険プランナーの称号について

どうやって人脈を増やすか?については、また別記事などで書けたらと思います。

FP 独立開業の起業準備:その3 扱いたい商品を自分で試してみる

まずは自分が実践するというのは大事ですね。

ただ、当然、資金量的な問題や、その他の理由で、どうしても実践出来ないケースも出てくるかと思いますがこれは仕方ありません。

【何も自分では実践せずに、まわりにアドバイスだけする】というスタンス
これは避けた方が良いです。

クライアントさんは、あなた自身のことを参考にしますので、実践もせずにアドバイスだけするのは良くないですw

ただ、繰り返しになりますが、今はどうしても資金的に無理という場合は仕方ないと思います。

その場合は、マニアックに、とにかく勉強しまくった方が良いです。ちなみに誤解を恐れずに言うなら、全てにおいてオールパーフェクトな知識は必要ありません。自分が扱いたい商品に関しては、マニアになるべきだというお話です。

注意:コミッションと商品の選び方

扱う商品によっては、クライアントさんのメリットもちゃんとありながら、単純に利益率が高い商品もあります。その場合、多くのコミッションを貰えるというケースもありますが、逆に、クライアントさんのメリットを潰してコミッション原資に充てているように思える商品も実際に存在します。

 クライアントさんのメリットが低いけれどコミッション率が高い商品
 クライアントさんのメリットが高いけれどコミッション率が低い商品

≫ファイナンシャルプランナー(FP)の収入源って何?

長くビジネスをするなら、後者をしっかりと選んでいくべきだと思います。

FP 独立開業の起業準備:その4 目標年収を計画(年収1,000万円超)

FPとして独立開業、【専業の】独立系ファイナンシャルプランナー(FP)を「目指す」場合、年収1,000万円以上を稼ぐことを僕はオススメしています

もちろん1,000万円以上稼ぐ前に独立開業して専業の独立系FPになることも可能ですが、気持ちにも余裕があるようにした方が良いかと思うので、1,000万円以上を稼ぐ計画を1回立ててみて欲しいわけです。

ちなみに実際に、僕と一緒に動いている方々(20代の方、30代の方、40代の方など年齢も様々)で、上記ラインをクリアしている方がいます。要するに、実現可能な目標ということです

年収計画を立てるために:コミッションなどを把握する

自分自身が扱いたい商品・案件があったとして、どのくらいのことをすれば、いくらくらい稼げるのかを計画するにあたり、コミッションの数値・自分の利益の取り分などは把握した方が良いです。

例えば、

1件の契約で20万円の収益

が上がるなら、

20万円×50件=1000万円

ということで、年間で50件の成約を上げるための計画を練る必要があります。

当たり前の話のようですが、現場で話をしていると、【無計画に仕事をしている人】をたくさん見かけます(笑)仕事なわけですから、しっかりと数値は把握するべきかと思います( ..)φメモメモ

そして徐々に稼げるようになると、必然的に次に出てくる話題が税金の節税のお話だったりします。そこで、、、

FP 独立開業の起業準備:その5 在職中(副業の間)に会社・法人を設立

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として開業するには

 個人事業主として事業を行う
 法人として事業を行う

という選択肢があるわけですが、もし、FP業を生涯の仕事の1つに選ぶつもりがあるなら、早期に法人化してしまうのがオススメです

メリットは大きく3つあります。

法人設立のメリットその1:経営者と同じ立場になるとアドバイスがしやすい

経営者の悩みは経営者しか分からないところがたくさんあります。

自分自身も経営者の目線になることで、見込み客層は、大きく広がります。

法人設立のメリットその2:税制面でのメリット

節税という観点から見ると、利益が小さい間は個人事業主の立場でも節税は可能ですが、利益が大きくなると法人の方が、はるかに節税もしやすく、また、節税メリットが大きくなります。

法人設立のメリットその3:社会的な信用が得られやすい

名刺の肩書なども、やはり意識的に見ている人は見ています。

初対面のクライアントさんなどは特に敏感に反応したりします。その際、個人事業主なのか、法人化しているのかの違いを、気にする人は気にします。

一般的に、法人の方が信用はおかれやすい傾向にあります。

また、金融機関からの資金調達をしやすくなったりもします。

法人設立メリット番外編:副業バレを防ぐ 副業がそもそも禁止されている方へ

この辺りは、あなたがお勤めの会社のルール次第なので一概には言えないのですが、会社・法人を設立すると、「税制面で」副業がバレないようには出来ます

詳しくは以下の記事を見てみてください( ..)φメモメモ

≫サラリーマン(会社員)の副業がバレない方法は、法人化するのがベスト?!

会社を設立して

あなた自身が役員報酬を取らない=0円

にしておけば、あなた個人の所得は、メインでもらっている給与のみとなります。

この形式なら、あなた個人の税金の額がズレる恐れがありませんので、税金による副業バレ回避となります。

集客をする場合の3つの切り口

FPとしてクライアントさんを集客する方法ですが、これは人によって得意なところで集客するのがまずは一番良いと言えます。

オフライン × オンライン

ただ、僕自身が感じていることとして、オフラインとオンラインの組み合わせは効果があります。

また、もし今から集客力を付けていくなら、3つの切り口のバランスを取るのがオススメです。

 紹介営業(オフライン)
 ブログ活用(オンライン)
 SNS活用(オンライン)

僕の場合は、オフラインとして紹介営業、そして、オンラインとしてサイト活用(ブログなど)を実践しながら教えています。

集客1:オフラインで紹介営業

案件をクライアントさんに紹介する際に、必要なスキルとして、「ABC」と「TUP(ティーアップ)」というものがあります。

これは1つのスキルで、身に付けておくと応用範囲も広くで便利ですので、FPをやるやらない以前の話として、心の底から身に付けておくべきと言える、オススメのスキルです。

≫紹介営業のやり方・方法の基本はABC(エービーシー)
≫T-UPが仕事を作る人生を作る:T-UP(ティーアップ)とは…まずは紹介営業のコツとして

集客2:オンラインでサイト活用(ブログなど)

情報を貯めていく・情報を発信していく媒体として、自分自身のサイトを持っておくことはオススメです。

特にブログは、情報を整理して置いておけるので、便利です。僕自身、ブログ作成と共に、書き方講座なんかもやっているくらいです。

ちなみに、ブログだからといって、顔や名前を必ずしも出す必要は無いです。

集客3:オンラインでSNS活用

SNSは活用できるとかなりの爆発力がありますよね。

現在、僕自身もイロイロと勉強中です。

未経験者でもFP・ファイナンシャルプランナーで独立開業を目指せます

FPとして独立開業するために、まずは副業として開始するメリットは分かったけれど、未経験の僕にも出来るか不安もあります・・・

あ、それは大丈夫ですよ!僕自身も最初は右も左も分からないところから始めていますし、僕自身が指導している方も、未経験から始められていますので。

me

なるほど。でも、ホントに僕自身がクライアントさんを集客できるかなどの不安もあります・・・

あぁ~きっとそれは、一般的なFPとしての仕事のイメージが強すぎて、保険や不動産などを売れるかどうかで考えていたりしませんか?

僕自身が提案している新しいFPという働き方の場合、提案できる内容はもっと幅広いものですし、なんだったら、保険や不動産などの提案などもしないクライアントさんもいますよ(笑)

me

なるほど、思っているよりイロイロな活動の仕方があるんですね

まとめ

FPで独立開業したい
独立までに何をしたらいい?
具体的にイロイロと知りたい

今回は、FPとして独立開業の起業準備ということで、ザックリとした大きな流れだけ書きました。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として、独立開業・起業するまでの準備としては

  まずは、副業で始める
  自分の資産形成のために勉強しまくる
  自分で試して実践する
  年収目標・計画を作る
  年収1,000万円までは副業で?!
  会社・法人を設立する(理想)

僕自身の元で独立系FP(ファイナンシャルプランナー)を目指す方には、こんな感じのことをお話しさせてもらっています!詳しくは、メルマガ(ちょっと変わった・新しいFPという提案)でお伝えしていければと思います!

ということで、今回はここまで~!

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和

FP歴 11年以上

■ちょっと変わったFP×ビジネスコンサルタント、FPの育成、セミナー講師・・・などなど

■略歴
 京都大学入学後、6か月で自主退学
 23歳で㈱CPA Alliance 役員就任
 28歳で㈱ADIF Alliance代表取締役就任

進学塾の立ち上げ後、FP(ファイナンシャルプランナー)業を開始。クライアントは個人から法人と幅広く、相談件数は1000件以上にのぼる。

詳しいプロフィールはこちら

ご要望、受付中

「記事にしてほしい内容・メルマガ配信などで聞きたいこと」
などなど、ご意見ください。

今後の記事作成やメルマガ配信の参考にさせて頂きます。
※メールに直接返信はできませんが、いただいたメールは全て読んでおります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.