独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

サラリーマン(会社員)の副業がバレない方法は、法人化するのがベスト?!

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

私・僕はサラリーマン(会社員)なのですが、副業(例えばFP業)をしてもバレない方法ってありますか?( ゚Д゚)

上記はつい先日、クライアントさんから質問された内容です。主に副業バレでクライアントさんが恐れているのが「副業の利益によって発生する税金による副業バレ」なわけです。で、答えとしては

副業がバレない方法はあります!法人化・法人を作ってしまうのが早い!

です( ..)φメモメモ

もしかしたら、「法人を作る」ということ自体、ハードルが高く感じるかもしれませんが、まぁ慣れてしまえば、それほど煩わしくも無いのが実際のところです(笑)

ということで、今回のテーマは、「サラリーマン(会社員)の副業が(税金という面で)バレない方法として、法人化がオススメ」で記事を書いていきたいと思います( ..)φメモメモ

副業バレを防ぐために、経費を計上して利益を0にする方法もアリはアリ

法人を作る方法とは違った方法の話から( ..)φメモメモ

サラリーマン(会社員)が副業で節税って可能?!事業所得又は不動産所得で損益通算

上記に書いたように、一時期、本なども出て流行った方法、かつ、色々な方が記事にもされていますが、副業によって「損益通算」を上手く活用し節税する方法に若干似てるやり方で、「経費を計上して副業の利益を0にする」というやり方もあります。「副業利益が0=税金も変動無し」だから、税金バレはしないという考え方です。

ただ、「経費を計上して副業の利益を0にする」というやり方は、経費をしっかりと合法的に計上しているならOKなのですが、難点というか問題点も当然にあります。。。

副業で稼ぐ金額が大きくなると、経費で相殺する(利益を0にする)ことはほぼ不可能


どんな副業をするかにもよりますが、例えば、僕自身のもとでFP業を副業でやりながら、年間数百万後半を稼ぐ方がいます(笑)もはや、副業と言えるのかどうか疑わしいですが、そのくらいボリュームが出てくると、経費の計上が追い付きません(゚д゚)

まぁ、稼いでいるわけですから、それで良いわけですが、どうしても利益が残りますので税金がかかります。で、結果的に、住民税の特別徴収のせいもあり会社にバレるという流れです(゚д゚)以下の記事でも軽くですが触れています。

サラリーマン(会社員)が副業で節税って可能?!事業所得又は不動産所得で損益通算

副業の種類によっては、経費の計上が難しいケースもある

最近はネットなどでも効率良く稼ぐ方法などもありますよね( ..)φメモメモ

で、内容次第でもあるのですが、「売上を上げるのに必要な経費」がほとんどかからない副業もあるわけで、そうなると、必然的に経費の計上が難しくなる=利益を0にするのは難しくなります(゚д゚)

副業が給与所得の場合は、そもそも経費が計上できない(笑)

副業として給与所得を得る形を取った場合、そもそも経費計上などは出来ません(笑)そのため、税金も発生しますので、結果的に会社にバレるという流れでしょうか( ..)φメモメモ

あと、たまに、20万円ルールと言われるルールを誤解して、「副業所得が年20万円以下のサラリーマンは確定申告しなくていい」と言い切っている方を見ますが、微妙に勘違いです(゚д゚)苦笑

メインの給与所得、副業の給与所得という組み合わせの場合は、ガッツリ申告対象です(笑)今回は20万円ルールの件は軽く触れるだけにしますが、とにかく、「副業で給与所得を得る」方法を選んだ場合、会社バレしないためには、色々と考えることが一気に増えます(゚д゚)(笑)

本題:サラリーマン(会社員)が副業で会社バレしないためには法人を設立するのがベストだと思う

こまか~い話はさておき、法人・会社を設立して副業の収益を法人で吸収するというのが大筋の話です。で、この時のポイントとしては、【自分自身の役員報酬は¥0にしておく】というものです( ..)φメモメモ

給与(役員報酬)が¥0っていいの?!?(゚д゚)と思うかもしれませんが、全然合法ですし、OKです。その分、法人に利益が残るために、そこに法人税が掛かることになりますが、【サラリーマンが副業で会社バレしない】という点ではこれが最強です(笑)

また、法人税を気にするなら、法人保険や法人だからこそ可能な節税方法が色々とあったりします。書き出すとかなりのボリュームになるので、この辺りはまた別の記事にしますが、とにかく、法人に収益を残す形で自分の役員報酬を¥0にすることがポイントです。

●自分個人の給与は変動しない=税金も変わらない
●法人に副業の収益を入れるようにして、法人経費としてお金を使う
●法人に残った利益に対しては法人税を払う

ということです。

ただ、法人を作る場合に考えるべきデメリット的なモノもあります。

コストの問題:設立費用

法人を作る際の登記費用としては、印紙税、士業の先生に払う報酬、印鑑作成費用、各種届の代行も頼むなら代行費用と言った形で、安くても25万円~30万円オーバーくらいの費用はかかります。そのため、副業で稼げる収益が低い場合は、コスト割れが考えられます( ..)φメモメモ

コストの問題2:維持費用

法人の会計を毎年毎年決算という形で絞めて、納税する準備をします。この決算書作成コストなどで税理士先生に対するコストが必要になってきます。安くやってくれる先生でも10数万~30万前後は毎年掛かることになります。先ほどと同じで、副業で稼げる収益が低い場合は、コスト割れが考えられます( ..)φメモメモ

日頃の会計処理の手間

経費を全く計上せずに、フルフルパンパンに納税をする気がある方は良いのですが、通常の場合は、副業で稼ぐために掛かった経費を計上して、節税を試みることかと思います。

その際、領収書・銀行通帳の動き・カード明細などなどから、日ごろのお金の動きを記録する必要があります。慣れてしまえば大したことは無いのですが、最初は戸惑うところかもしれません(゚д゚)

サラリーマン(会社員)が副業のために会社を作り「社長」になっても会社バレする可能性がある?!

先ほどは、サラリーマンが副業で会社バレしないためには、法人を作り、自分の役員報酬を¥0にするのが最強と言いましたが、もう少し掘り下げていきます(笑)

実は、会社を作り税金関係をキレイにしても、自らが「社長」という立場になることで、副業バレする可能性があります(゚д゚)

これは、自分自らが、社長=代表取締役になることで、

下記を見てください。

上記は、僕自身の会社の謄本(履歴事項全部証明書)です。謄本は誰でも法務局にて取得することが可能です。ちなみに黒く塗りつぶしているのは、ポイントを目立たせるためで他意はありません(笑)で、【役員に関する事項】というところを見てみてください。「代表取締役 大葉龍和」とガッツリと住所付きで名前が出ています(笑)代表取締役ではなくても、役員に名前を連ねていると、名前が出てしまうってことです。

えっっっっ?!(゚д゚)じゃあ、会社を作っても副業バレしちゃうやん!!

ってことで、謄本上に名前が載ることもイヤな方は、「自分は株主」「役員は家族などに」と、自分が役員に入らない形で会社を作ることをオススメします。株主と役員を別々にする場合は、「株式会社」を作る必要があります。また、株式会社の実質の所有者は「株主=あなた」ですので、好き勝手に会社を解体されるリスクもありません(笑)

ここで一旦、ポイントを整理します。

作る会社は、「株式会社」がベスト

「株主=あなた自身」&「役員はご家族のだれか」にすると、謄本上にもあなた自身の名前は出てきません。

給与(役員報酬など)は¥0に設定

メインの会社からの給与を貰っているところに、プラスαで自分の会社から給与(役員報酬)を取ると、ガッツリ税金がかかりますので、メインの会社に住民税の特別徴収などでバレちゃいます(笑)また、社会保険料コストも上がってしまいます。

ですので、自分の会社からの給与(役員報酬など)は¥0に設定します。

経費は法人で計上する

副業の収益を法人に入る形にしつつ、経費も当然に法人で計上します。

しっかりと副業で稼ぐ前提で法人を作る

副業で稼ぐ収益が低い場合は、法人の設立コスト・維持コストでコスト倒れしてしまいます。ただ、コストを吸収できるくらい副業で稼いでいる場合、稼ごうとしている場合は、法人を作った方が絶対良いと思います。

また別の記事でも書きますが、「法人だからこそできる節税方法」「銀行融資の活用」など個人では出来ないことが可能だからです。結果的に、【個人属性よりも法人属性の方が、圧倒的にお金を貯めやすい・資産形成をしやすい】ということです。

まとめ

私・僕はサラリーマン(会社員)なのですが、副業(例えばFP業)をしてもバレない方法ってありますか?( ゚Д゚)

答えは、「あります!」です。

●株式会社を作る

●場合によっては自分は株主だけで役員にはならない

●給与(役員報酬など)は¥0に設定

上記は実際に、僕のクライアントさんが実践している内容だったりします( ..)φメモメモ

勿論、完全に合法です。そもそも、法人に残った利益に対しては法人税を支払うわけですから、ルール通りなんですよね(笑)

ということで、意外に長くなってしまいましたが、今回はここまで~!

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.