独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師 による

10,000人以上が受講した人気セミナー動画を無料プレゼント!

サラリーマン(会社員)の副業としてFP(ファイナンシャルプランナー)がオススメな3つの理由

大葉 龍和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

「サラリーマン(会社員)でも副業としてFP(ファイナンシャルプランナー)の仕事って出来ますか?」と聞かれることが増えてきました。

やっぱり、将来のためにも稼ぐ方法を模索している方が増えてきているんですよね~

ってことで、今回は副業としてFP(ファイナンシャルプランナー)がオススメな3つの理由を書きます!

あ、副業がバレない方法ってのも軽くですが書きますね(笑)

オススメ理由その1:ノーコストで始められる

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の有利な点を7つあげてみた

上記の記事でも書いたことですが、「ノーコストで始められる」というのは大きな魅力の1つと言えます。

FP(ファイナンシャルプランナー)って知識業ですから、とにかく勉強すること!から始まるんですよね。そして、最初の段階から事務所を持つ必要もないですし、事務所を持たず一生やっていくことも全然可能です。

従業員も雇う必要もありませんから、この部分の固定コストもかかりません。当然、事業規模が大きくなり始めて事務作業が増えてきた場合などは、事務員を雇うこともありますが、それすらも、仕事の仕方次第です。

また物の仕入れなどのコストも必要ありませんまぁ本や雑誌などの勉強ツールは必要ですから、最低限の知識を得るためのコストがかかるっちゃかかりますが、固定ではないので、負担は少ないと思います。

クライアントさんと会う時・打ち合わせなども、スカイプやカフェなどを利用すればいいだけの話ですから、自分の出来る範囲でやりくりすれば大丈夫です。

オススメな理由その2:空いている時間で自分のペースで出来ちゃう

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の有利な点を7つあげてみた

これも上記の記事で少しだけ触れていますが、企業系FPのようにお勤めのスタイルではなくて、独立系FPとして副業をチョイスする場合は、平日の空いている時間帯や土日などの休みの時間に、気軽に始められます。

また、繰り返しになりますが、FP(ファイナンシャルプランナー)は知識業ということで、少しずつでも勉強しながら、知識や経験を積み上げていけばいいわけです。

時間に縛られずに、あとは自分のヤル気次第で、実績を積み上げていくだけです。

オススメな理由その3:同僚や友人がクライアントさんになっちゃいます

現在あなたがお勤めしている会社の規模にもよりけりですが、同僚の方などを対象にプランニングするだけでも相当な潜在顧客がすでに居てるわけです。あ、ただ、この場合、副業がバレる恐れがあるのでやり方は検討する必要がありますけども(笑)

また、仲の良い友人(別の会社勤務など)に、実験台になってもらってプレゼンテーションを練習することも可能です。この方法が意外にオススメです(笑)実験台になってもらっているのですが、知識が付いてくると、プレゼンテーションも上手くなりますから、練習のつもりが、リアルにクライアントになってもらえるケースもあります

僕の場合、これである程度のクライアントさんが出来ました(笑)

「友達に営業するみたいで何かイヤだなぁ~」という意見もありますが、この段階では声を掛けなければいいだけです。

というか、知識が充実してくると、「誰かに言いたくて言いたくてウズウズしてくる」ハズです(笑)気後れする部分があるとするなら、「あなた自身にまだそれだけの自信が無い」だけというパターンが多く、しっかりと勉強していけば、きっと気持ちも変わってくるかと思います。

番外編:サラリーマン(会社員)で副業がバレないようにする方法

サラリーマン(会社員)で副業はしたいけれど、会社にバレるのが不安という意見は結構聞きます。まぁ当然の悩みですよね。

で、今まで実際に周りの方を見てきた感じで、バレるパターンは大きく分けて3つです

副業がバレるパターン1:密告される

同僚などを対象にし過ぎて上司や会社に密告される(笑)

この場合は、同僚などに声を掛ける際はしっかりと相手との距離感を見極める必要があります。敢えて、同僚には声を掛けないというスタンスもありかと思います。

副業がバレるパターン2:物的証拠からバレる(笑)

名刺、HPサイト、SNSなどで宣伝していたら、それが証拠となってしまって会社にバレた(笑)

勤務先の名刺とは違う独自の名刺を自分で作り、バラまいていたら会社にバレた(笑)とか、HPサイトやSNSで宣伝していたら、上司に見つかってバレた(笑)など、明らかなる物的証拠がバレてしまうパターンです。

これは、名刺を作らない・SNSでは宣伝しないという方針でいけば、対応可能です。

副業バレるパターン3:稼ぐ=税金が発生でバレる

このパターンを一番不安に思っている方が多いですね。

で、この稼ぐ=税金でバレるというパターンは、合法的に回避できます!

やり方は単純で、「自分で会社を作ってしまう」というやり方です。

法人を作って税金による副業バレを回避

会社とは法人と呼ばれますが、この法人の意味は「法的人格を有したもの」です。要は、自分とは別の人格なわけです。

つまりは、法人を作り、その法人の口座に副業で稼いだお金を集める。そして、その法人からは自分個人は役員報酬などは一切取らず(役員報酬0円は合法的に全然アリです)に、法人税を納める。

この方法だと、自分個人は会社からの給与。法人は副業の収益。と、完全に分離できますので、自分個人の税金でバレることはありえません。

ただ、法人の謄本を見られると役員に自分の名前が出てきてしまいますので、謄本上でも自分の名前を消すことを考える場合は、代表取締役社長には自分自らは就任せずに、ご家族のだれかを代表取締役にしてしまえば、謄本という書類上からも自分の名前は出てこなくなります(笑)

え、でもそれだと別の人に会社を乗っ取られたりしそう( ゚Д゚)と思われるかもしれませんが、この辺りは株式会社を作れば大丈夫です。

株主=自分100%
代表取締役社長=ご家族のだれか

という形にすればOK!

株式会社は株主=自分のモノですから、社長になったご家族に乗っ取れることは法的にあり得ません。

ってことで、副業の収益から来る税金でバレることは回避可能です。

そして気づいて欲しいのですが、、、

こういう「法人を作って・・・」というお金の知識も全部含めてFP(ファイナンシャルプランナー)の仕事の1つだということです。自分自身の資産形成のためにお金の勉強をしているだけで、自分以外の誰かのお役に立てる=それが自分自身の収益になる。

というのが、FP(ファイナンシャルプランナー)の面白いところだったりします。

FPの年収・収入ってどんなもん?

大事なポイントとして、FPの年収・収入っていくらくらい???ということに関しては、下記の記事に簡単に書いてみました( ..)φメモメモ

1,000万円も可能?ファイナンシャルプランナー(FP)の年収・収入っていくら?独立系・企業系で考えてみる

「副業」でFP業をする場合は、必然的に「独立系FP」として活動することになるのですが、そもそも独立系FPの方が稼ぎやすいです。どこまで稼げるかは自分次第ではありますが、お金の勉強をしながら稼げるという意味では、「一石二鳥」の副業だと思います!

まとめ

サラリーマン(会社員)の方が副業を探す場合、僕は真っ先にFP(ファイナンシャルプランナー)の仕事をオススメします。ノーコスト・空いている時間で可能・友人知人同僚などでマーケットはすでにある、そして、最初はとにかくひたすら、自分自身のためにお金の勉強をすればいいだけという、メリットがたくさんあるからです。

ということで、今回はここまで( ..)φメモメモ

法人に関する細かい知識などに関してはまた改めて記事にしていきたいと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -
大葉 龍和
独立系FP・FP育成の専門家・セミナー講師

大阪生まれ。天王寺高校理数科卒業、京都大学法学部を半年で自主的に卒業(笑)の後、起業の道へ。ラーメン大好きで夜中にウロウロすることも。ジムに通い出して奮闘中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FP部 , 2018 All Rights Reserved.